stop

「H-lov(H大好き!)」へようこそ。
このWEBサイトは18歳未満の方は閲覧できない情報が含まれております。
18歳以上の方のみご利用頂けます。

stop

「H-lov(H大好き!)」へようこそ。
このWEBサイトは18歳未満の方は閲覧できない情報が含まれております。
18歳以上の方のみご利用頂けます。

声優「桃山いおん」のゲーム一覧

並べ替え
表示形式 詳細 簡易
表示件数 20 50 100
購入可のみ ON OFF
デモ・体験版有りのみ ON OFF
サンプル有りのみ ON OFF

恋愛教室

恋愛教室
サイト 価格
(税込)
ポイント
Gyutto 8,424円 780pt
DMM 8,424円 84pt

教室丸ごとエロゲ!出席番号から席順まで決まっている一つの教室を舞台に、複雑な人間関係が織りなす恋の物語!

■あらすじ

「はああっ……!」

ため息とも気合の注入とも取れそうな、そんな複雑な呼吸を教室の扉の前で
繰り返すひとりの男の子がいた。ぎこちない動きに、いくぶんか緊張が見て取れる。
そして彼はぶんぶんと細かく何度か頭を振り回すと、意を決したように勢いよく扉を開け放った。

「おは――」「あーっ、うわさの月島君きたきた!」「うそっ、どこどこ!?」

さっそく、まるで珍獣でも発見したかのような扱いを受けてしまう彼。
しかしそれに対してリアクションを示す暇もなく――。

「おはようございます♪」「チィーッス!」「月島様、ごきげんよう」「月島先輩おはようございますっ」
「やあ、おはよう」「んー……おはよ……」「グッモーニンじゃ、おにーちゃん☆」「は、はうっ……!」

――と、まあこんな感じで一定の距離を保ちつつもクラスの女子たちが次々と集まってくる。
そう。月島と呼ばれた彼は『まるで』でもなんでもなく、紛れもなくこのクラスの珍獣なのだ。
昨年まで女子校だったことを考えれば、ノイズや異分子と言い換えてもいい。
……え? うらやましい? いやいや、とんでもない!

「ふんっ……ハーレムのつもりかしら?」「死ねばいいのに」「は、はは……は」

(昨日の第一印象が悪すぎたのだろうか?)
そんなことを彼は苦笑いしつつ、脳裏で思い悩む。
結果的に彼という物珍しい存在は、この教室の生徒たちを三つの勢力に切り分けていた。
推進派、穏健派、そして保守派へと。

「さ、HRはじめるわよ~?」「あ」「お?」「やばっ」「じゃあね、月島君♪」「ごきげんよう」「んー…」

教室に入ってきた先生の鶴の一声で、珍獣に群がっていた野次馬気分の
クラスメイトたちが各々の席へと足早に戻っていく。

「きり~つ」

――とくん、とくん。
まだ少し、胸の鼓動が激しい。身体の芯のあたりが、わずかに熱い。
彼はしばしの間、自分の胸に手を当て……そして微かに笑う。

「礼~」

委員長の号令で、今日もこうして学園生活が始まる。
まだ慣れない……昨日から始まった、この新しい日常。
新しい教室。新しいクラスメイトたち。

もしかしたらこの鼓動は、これから始まる無限の可能性を感じてのことかも知れない――。

QUINTUPLE☆SPLASH

QUINTUPLE☆SPLASH
サイト 価格
(税込)
ポイント
デジケット 4,708円 685pt
Gyutto 4,937円 457pt
DL.Getchu 4,937円 247pt
DLsite 4,937円 137pt
DMM 4,937円 49pt

■ストーリー
主人公の美野里咲臣が通う、青陵学園。
この学校はかつて伝統ある女子校だったのが、つい最近共学になった学園。

期末試験を終え、春休みになろうというその時、突然の全校集会が開かれる。
そこで理事長先生が通達したのは――

「この学校、経営難だから姉妹校と合併することに決めちゃいました」

この突然の宣言により、青陵学園は閉校に。
生徒達は住み慣れた町を離れ、合併する学園……白帆女子学園がある町へ住むことになる。
咲臣の住むところは、学園が指定した寮代わりのタウンハウス。
そこへ引っ越し当日、やってきた咲臣が出会ったのは、
前の学園で共に生徒会を務めた才媛の誉れ高い、元生徒会長の桜浦紗枝。そして、幼馴染みの三郷みお。
咲臣の妹の巴も交え、まさかの女の子に囲まれた寮生活が始まることに。

そして、新学期を迎えようとする直前。
新しい学園、青陵白帆学園の説明会が行われ、それが終わった後に咲臣は、ふとプールの方へと足を向ける。
そこで咲臣は、一人の美少女を見かける。
彼女――八潮沙保里との出会いが、咲臣を巡る恋模様を動かし始めた。

■登場キャラクター
【合併先の学園の真面目な水泳部員】
●八潮 沙保里 (CV:卵衣)
原画:魚
生真面目で、寡黙、ストイックと三拍子揃った人見知り系。

白帆女子学園の水泳部員。
他人に興味を持たない性格であまり人と関わろうせず、友人もほとんどいないと言っていいレベルだが、
みおとはクラスメートになり、友情を築いていく。
心の奥底では、自分の事を認め、支えてくれる人との触れ合いを求めている。
競技としての水泳を頑張っている努力家で、大会には何とか出られるレベルながら
そこで勝てるほどの実力はまだ伴っておらず、成績はあまり芳しくない。
本人も自分の実力は認識しており、一つずつ順位を上げていくことを目標に、黙々と練習に励んでいる。
努力家で、自分の出来ることや限界を追い求めていくタイプ。
水泳部部長の亜美とは部活の方針や性格の違いから距離を置いている。
家が神社で、時々お手伝いをしている。

【主人公を慕う、お嬢さまな生徒会長】
●桜浦 紗枝 (CV:波奈束風景)
原画:みけおう
控えめかつ落ち着いていて、芯は強めという大和撫子の見本系。

主人公たちのいた学園の生徒会長。
真面目で几帳面ながら、明るく素直で朗らかな性格と非の打ち所がない美人。
先祖は財閥、その後も代々企業経営に関わる裕福な家の生まれながら、
家の中では末妹のため、割と自由に育てられた天真爛漫なお嬢さま気質の持ち主。
ただ世間知らずというわけではなく、客観的に自分や自分の立場を見ることも出来る聡明さも持つ。
主人公とはクラスメートであったり、生徒会で一緒だったこともあったりと気心の知れた仲。
入学当時に一目惚れして以来密かに主人公の事が好き(周りにも何となく気付かれてる)。

【明るく奔放なエロトラブルメーカー】
●守谷 亜美 (CV:春乃いろは)
原画:ゆき恵
物事を引っ掻き回すのが生き甲斐の超トラブルメーカー。

合併先の学園の水泳部部長。
とにかく楽しければ全てよしという思考回路の持ち主で、ムードメーカーにしてトラブルメーカー。
ただ、悪意は全く無い純粋な子なので人気が高く、その人なつっこさと合わせて友達も多い。
水泳部の部長を務めているものの、部員は沙保里と二人だけながら、
遊ぶのに夢中で水泳部の衰退にトドメを刺しかけている張本人なので二人の仲は険悪。
亜美自身は、実はちゃんと練習すれば大会選手も狙える素質を持っていたりする。
とにかく明るく人たらしな性格で、出会って間も無い紗枝やみおともすぐに打ち解けた。
新学期に主人公と一緒になってからは、遠慮のないアプローチを仕掛けていき、紗枝をやきもきさせている。

【捉えどころのない幼馴染み】
●三郷 みお (CV:星咲イリア)
原画:イチリ
掴みどころのない性格で、とにかく非常にマイペース。

咲臣や紗枝の後輩にして、咲臣と巴の幼馴染み。
気まぐれな猫みたいな掴みどころのない性格で、割と刹那的な快楽主義思考の持ち主。
ふっと変な事を考えては実行に移す、亜美とは別の意味でのトラブルメーカー。
その言動は時に慣れている紗枝や巴ですら持て余すことも。
巴のことを実の妹のように可愛がっていて、同時に小さい頃から隠れ主人公ラブ。
実は青陵学園時代から水泳部で、こちらもまた廃部寸前のところを細々と活動してた経歴があり、
合併後の学園に水泳部があるか気にしていた。

【ツン度高めのブラコン妹】
●美野里 巴 (CV:小鳥居夕花)
原画:桜はんぺん
恥ずかしさを勢いで隠そうとするツンデレ気質の実妹。

咲臣の2歳下の実妹。
はすっぱな言動とキツめの性格で一見敵を作りやすいように見えて
面倒見の良さや責任感の強さで慕われている。
また恥ずかしさを勢いで隠そうとするツンデレ気質。
物事の停滞を嫌うので、新入生のクラスの中では自然とリーダー的な存在に。
咲臣に対してはとかく突っ掛かるのが基本姿勢で、兄と思っていないような言動が多いものの、
その実かなり超絶なブラコンで、誰もいないところでは兄への想いを暴走させることもしばしば。
そんな兄に対しての過剰な意識と行動は自覚していて、
その精神力で封じ込んではいるものの、隠された根の奥底はかなりの甘えん坊。

少女神域∽少女天獄 -The Garden of Fifth Zoa-

少女神域∽少女天獄 -The Garden of Fifth Zoa-
サイト 価格
(税込)
ポイント
デジケット 6,671円 971pt
DL.Getchu 6,995円 350pt
DLsite 6,995円 194pt
DMM 6,995円 69pt

■ストーリー

主人公・稜祁恂(たかぎ・しゅん)は幼い頃から、いつも故郷を取り囲む石壁の向こう側を思い、
町に敷かれた一本の線路の先にあるトンネルの先を夢見てきた。

何度か確かめる機会はあった。
しかし、いつも病気や家庭の事情で妨げられ、故郷から一歩も羽ばたけずにいた。
そしてあまり多くを語らない稜祁恂が、ついに不満の言葉を口にし始めた時――。
三年間在籍した惺鳳館学園を卒業して、進学を決めた彼は町を出ることになった。
いともあっさりと。彼自身が驚いたほどに。

そして――新しい一年が瞬く間に過ぎ去り、彼が二度目の春を迎えようとした時、
母から一度帰ってくるように電話があった。
理由は、子供の頃からずっと参加してきた故郷の祭り――『星鴻祭(せいこうさい)』。

代々、彼の家は祭りのための道具を管理している。
さらに今年の『星鴻祭』は例年とは異なり、特別な形式らしく規模も大きい。
詳しく聞けば、彼の妹の祥那も祭りの重要な役――神楽を舞う巫女の一人として選ばれたらしい。
そして妹と同じよう巫女として選ばれた幼なじみ・澳城迪希(おくしろ・ゆき)。

「今年、巫女さんでがんばっちゃうから、ぜーったい一緒に帰りましょうね!」

下宿先の面倒を見てくれた彼女の有無を言わさない笑顔に、彼は快い返事を返すしかなかった。

――故郷へと戻る道の上、見覚えのある壁面の傷が過ぎた。もうすぐトンネルは終わってしまう。

そしてふと彼は、故郷へ帰ることへの自分自身の理由がないことに思い至り、不安を感じ始める。
トンネルの先には、何もなかった。石壁の向こう側には、何もなかった。
ただ、自分の新しい生活が始まり、それがずっと続いていくことに驚き、何かを失う感覚を味わった。

町を出た事実だけが手元に残っただけ。……それでは町に戻ること、自分の生まれ育った町――

あれだけ羽ばたいて飛び出したかった場所は、一体どんな意味があったのか?

自分なりに答えを出そうとして――
急に車内に光が差し、稜祁恂は世界の全てが明るくなったように感じる。

「恂ちゃん、久しぶりに戻ってきたね」

不意に、昔から変わらぬ、幼なじみの優しげな声が聞こえた。
彼は、その声がどこか暗い場所へ落ちていこうとした自分の心を救ってくれたような気がした。

――彼らの故郷・佳城市(かいじょうし)を走る京海線の列車が
駅に着くまで、もう十分と掛からない距離にあった。

■概要

コンシューマ移植やTVアニメ化など、数々のメディアミックス展開が行われた前作『11eyes-罪と罰と贖いの少女-』。
本作ではその『11eyes』のメインライターの一人であり、
Lassの看板シナリオライター・獅子雰麓氏がシナリオを担当!
そして原画も『11eyes』シリーズにメイン原画として参加していた
よう太氏と、新進気鋭の早川ハルイ氏のタッグが挑戦!

石壁に囲まれた特異な町。そこから飛び立ち、再び舞い戻ることになった主人公。
神事『星鴻祭』と、幼なじみたちとの触れ合いを通して描かれる、彼の運命の物語とは……?

並べ替え
表示形式 詳細 簡易
表示件数 20 50 100
購入可のみ ON OFF
デモ・体験版有りのみ ON OFF
サンプル有りのみ ON OFF