stop

「H-lov(H大好き!)」へようこそ。
このWEBサイトは18歳未満の方は閲覧できない情報が含まれております。
18歳以上の方のみご利用頂けます。

stop

「H-lov(H大好き!)」へようこそ。
このWEBサイトは18歳未満の方は閲覧できない情報が含まれております。
18歳以上の方のみご利用頂けます。

声優「雨戸武治」のゲーム一覧

並べ替え
表示形式 詳細 簡易
表示件数 20 50 100
購入可のみ ON OFF
デモ・体験版有りのみ ON OFF
サンプル有りのみ ON OFF

ランス03 リーザス陥落

ランス03 リーザス陥落
サイト 価格
(税込)
ポイント
デジケット 7,004円 1,020pt
Gyutto 7,344円 680pt
DL.Getchu 7,344円 368pt
DLsite 7,344円 204pt
DMM 7,344円 73pt

■ストーリー
LP2年、4月。
その日、東の大国リーザスの王都が陥落した。
侵攻軍は、皇子パットン率いる北の軍事大国ヘルマンの精鋭たち。
そして何人にも傷つけられぬ、他を冠絶する力を持つ存在――魔人。
城は瞬く間に制圧され、指揮を執るべき王女リアは囚われの身となった。

――リーザス、滅亡。

一夜にして過去の存在と成り果てたリーザスから、ひとりの忍者が落ち延びていた。
手にするのはリーザスの国宝。
そして、王女からの最後の伝言。
一握りの最後の希望を抱えて向かう先は…西の自由都市、アイス。

美女の事しか頭にない、あの鬼畜戦士の許だった。

■登場キャラクター
●ランス
欲と本能のままに突っ走る、エロゲの主人公に最適な鬼畜戦士。
かなみの身体と多額の報酬目当てでリーザスを目指す。

「がはははは! よーーし! ならば引き受けた!
ヘルマンだろうと魔人だろうと、この俺様に任せておけ!」

●シィル・プライン (CV:高橋さや)
ランスが大枚をはたいて買った魔法使いの召使い。
家事に雑用、もちろんセックスまで、日夜こき使われ続けている。

「ひんひん……はぁい、分かりました、ランス様……」

●見当 かなみ (CV:真中海)
リーザス王女リアに仕える忍者。
主人と任務に忠実で、冷静に行動しようと努める普通の女の子。

「最っ低……初めて会った時から思ってたけどやっぱ最低ね……」

●魔想 志津香 (CV:橘まお)
自由都市カスタムに住む、高レベルの魔法使い。
過去の事件でランスとは因縁があり、嫌っている。
クールなようで激情家。

「これはカスタムの問題よ、あんたに頼るつもりはない」

●マリア・カスタード (CV:鶴屋春人)
自由都市カスタムに住む、元魔法使いで現発明家。
過去の事件でランスとは知り合い。

「はっはー! どうよ! チューリップ1号の前には、剣と魔法の戦争なんて時代遅れなのよ!」

●ミリ・ヨークス (CV:七ヶ瀬輪)
カスタムに住む薬屋兼戦士。エロ大好きで男でも女でもいける。
そのテクとスタミナにはランスも翻弄されるばかり。

「あははは、これだけご奉仕されて贅沢な奴だな。気持ち良かったくせに」

●セル・カーチゴルフ (CV:小倉結衣)
自由都市レッドの教会に仕える神官。
生真面目で頑固だが、困っている人を看過できない性格。

「全ては、女神ALICE様の思し召しです」

●リック・アディスン (CV:やじまのぼる)
リーザスの正規軍、赤の軍の将軍にして、リーザス最強の剣士。
控えめで誠実な、模範的な騎士だが、戦闘狂のケがある。
ヘルマン軍の奇襲を受け、現在生死不明。

「ヘルマンを討ちます。――――突撃!」

●レイラ・グレクニー (CV:早乙女綾)
大陸一の絢爛と謳われる、リーザスの親衛隊の隊長。
リックに次ぐ剣腕を持つ、頼れるお姉さん。
リーザス城陥落の際に応戦していたが、現在生死不明。

「かなみさん。あなたは……逃げて。逃げて、あなたの任務を全うして」

●パットン・ヘルマン (CV:胸肩腎)
北の軍事大国、ヘルマン共和国の皇子。
短気で粗暴な性格で、部下からも軽んじられている。
ノスたち魔人と手を組み、五万のヘルマン軍を率いてリーザス王国を蹂躙する。

「次期皇帝のパットン様、だ。間違えるな。ふぅっはっはははははは!」

●トーマ・リプトン (CV:荒木幸男)
ヘルマン軍第三軍の将軍。
今回のリーザス侵攻の指揮を執っており、心技体揃った猛者。

「未来を、拓かねばならん。ヘルマンを、よりよく導ける者が必要だ」

●ミネバ・マーガレット (CV:草村ケイ)
ヘルマン軍第三軍の大隊長。
戦闘力と機知の双方を併せ持つ、狡猾な野心家。

「純粋な剣士なんざ、チョロいもんだよ。まっすぐな戦闘馬鹿ほど、簡単な搦め手でコロリといく」

●フレッチャー・モーデル (CV:Lee)
ヘルマン軍第三軍の大隊長。
かつて世界最強の格闘家であったが、この三十年ばかりは実戦から離れている。
今でも自分は最強だと思っている。

「ぶふふ……今回は逃がさず首を上げて、トーマへの土産にでもしてやるかぶぅ……」

●ヘンダーソン・ドーントレス (CV:風見健)
ヘルマン軍第三軍の大隊長。
指揮能力は高く、また変身能力を持つとされている。
個人的な趣味の見地から、マリアにご執心。

「うふふふっ。早くマリアちゃんのジューシィなお顔が見たいわぁ」

●セピア・ランドスター (CV:奥川久美子)
ヘルマン軍第三軍のランドスター中隊副隊長。
剣も魔法も使う、生真面目な女騎士。
隊長である兄の補佐に、日々奔走する。

「失礼します! ランドスター隊副隊長、セピア・ランドスターであります!」

●魔人 アイゼル (CV:古河徹人)
不老不死で誰にも傷つけられることのない、魔人と呼ばれる存在の一人。
人を洗脳する力を持ち、会う相手を弄ぶかのように意志の強さを試していく。
自らの美意識を重視する、独特の価値観を持つ。

「美しいものを称えたいのですよ、純粋に……」

●使徒 サファイア (CV:桜城ちか)
喋り方がやや特徴的な、魔人アイゼルの使徒。
アイゼルを敬愛し、主のために行動する。

「アイゼル様の、ため……クラッシュなさい!」

●使徒 ガーネット (CV:白月かなめ)
快活で行動的な、魔人アイゼルの使徒。
アイゼルを心の底から慕っている。

「どっちでもいい、両方おいでよ。ぼくと遊ぼう?」

●使徒 トパーズ (CV:金松由花)
やや陰気で悪巧みが好きな、魔人アイゼルの使徒。
常にアイゼルの一番になることを狙っている。

「うふふふ……アイゼル様の第一の使徒トパーズが……憂いを取り払いますわ……いひひひひ……」

●魔人 サテラ (CV:北都南)
魔人の中では最年少。
人間では太刀打ちできないほどの戦闘力と、強力なガーディアンを作成する能力を持つ。
高慢な性格で、人間をゴミかなにか程度にしか考えていない。

「さて、お前も終わらせてやるか。『情けなくて弱っちいランス様』」

●ガーディアン シーザー (CV:野☆球)
サテラに創造されたガーディアン。
自我があり、言葉も話せる。
魔人に比肩するほどの戦闘力を持ち、サテラには絶対服従。

「サテラサマノテキ、コロス!」

●ガーディアン イシス (CV:牛蛙キタロウ)
サテラに創造されたガーディアン。
自我はあるが、言葉は話せない。
シーザー同様強力で、人智を越える速度で主の敵を蹂躙する。

「…………………………」

●魔人 ノス (CV:乙参)
魔人の一人で、ヘルマン軍を引き込みリーザスを陥落させた張本人。
その行動の真意は謎に包まれている。

「カオス…………その、力…………!」

ヨメ充!

ヨメ充!
サイト 価格
(税込)
ポイント
デジケット 4,738円 690pt
Gyutto 4,968円 460pt
DL.Getchu 4,968円 249pt
DLsite 4,968円 138pt
DMM 4,968円 49pt

■□■ストーリー■□■
主人公の堀川英次は、死んだ母から受け継いだ古書店「白佯堂」を営業する若き店主。

仕事に勉学にとそれなりに充実した毎日を送っていた彼だが、
ふと俺の人生はこのままでいいのかと漠然とした不安を抱く。
だが、幼馴染の郁乃から家事のサポートを受けつつ、
妹の四織の世話までこなす忙しい日々を過ごすうちにそんな疑問も忙殺されていく。
だが、転機は唐突に訪れた。

そんなある日、お姫様が家にやってきて、
ひょんなことから自称婚約者として家に住み着いてしまう。
それゆえに長年世話をしてきた幼なじみはぶち切れ、ビンタを食らって倒れる主人公。

仲直りをする暇もなく、男の娘、先輩と次々に回りに女の子が増えてしまう。
果たして、主人公の運命やいかに?

■□■登場キャラクター■□■
【押しかけプリンセス】
●リーゼロッテ=ヴィッターハイム (CV:萌花ちょこ)
「お嫁に参りました♪」

未だに中世の面影を残す、最後の絶対王政と言われたヴィッターハイム公国のお姫様。
家出して、俺の家にやってきて、自称婚約者として強引に住み着いてしまう。
そのおかげで幼馴染みの郁乃とは絶縁状態。
外交問題に発展する前に帰るように説得を試みるも、まったく聞く耳をもたず
金と権力を駆使して俺の家に居座る状況を作ってしまった。
上流階級って怖い。

【恋する乙女をやめた幼なじみ】
●高辻 郁乃 (CV:小倉結衣)
「もう恋なんてしない!」

結婚もしてないのに、いつも甲斐甲斐しくお世話してくれる。
飯を作ってくれるし、朝は起こしにきてくれる、
お嫁さんにしたいような優しい女の子。
あまりに距離が近すぎるため、妹でも姉でもないが家族の一員だと思っていた。
俺の周りにつきまとう妹や怪しい関係の男の娘がいても、
まったく気にするそぶりも見せなかったのだが、どうやら俺の勘違いだったらしい。
所詮は男と血縁ということで多めにみていたが、お姫様だけは我慢できなかったようで
姫との同棲を説明したら、唇切れるほどの攻撃をいただいた。
初めてのビンタは、鉄の味がしました。スイーツ(痛)

【お兄ちゃん大好きでバカな妹】
●堀川 四織 (CV:手塚りょうこ)
「セクシーポーズ!」

四織は素敵だプリティだ。でもバカだ。
俺に甘えてくるのも俺を信用してくれている証だし。
鎖骨を見せながら胸に頬を埋めてスリスリしてくる挨拶は非常に嬉しい。
でもどうしようもないほどバカだ。
将来の夢にブタマンと書くほどのバカだ。
今はお兄ちゃんと結婚するとか言ってくれるのは嬉しいけど、
その前に学園の成績をもっと上げていただけると助かる。
ああ……どこで教育を間違ったのだろう……

【トリックスターな男の娘】
●塩小路 かなた (CV:三十三七)
「いくじなし、それでも男なの?」

お前にだけは言われたくない。
学園では男女の別なく人気が高く特に女子のとりまきが大勢いる。
性別以外はパーフェクトなんだけど、俺をからかうのが好きなのか、いつも過剰に誘惑してくる。
そのたびに郁乃の視線が怖いので頼むから止めて欲しい。
幼い頃は、女装のせいで苛められていた。
助けたこともあったのに、今では立場が逆転。
あの時は俺も女の子と思ってました。

【本を買わない常連】
●神前先輩 (CV:渋谷ひめ)
「辞書は引くものじゃなくて読むものよ」

本名不明な謎の人。
そのミステリアスな美貌が学園でも有名な一つ上の先輩で、白佯堂の常連さん。
書架からそっと古書を手に取り、眺めるしぐさはため息が出るほど美しい。
そのあと、先輩は本の装丁、汚れの有無を理由に必ず値段を変えたほうがいいと注意し、
俺の目利きが不確かなのを助けてくれる。
蔵書家として有名な父から薫陶を受けたその知識は玄人も裸足で逃げ出すほど。
先輩と話していると、古書の知識がつくし、
何より学園でも評判の女性と話していることは、
俺にささやかな優越感を与えてくれるのだが、
最近は俺を苛めて楽しんでいるようにも見える。
ちなみに、先輩がこの店で本を購入したことは一度もない。

【人生に後ろ向きなメイドさん】
●ドナースターク (CV:篠原ゆみ)
「だって私は奴隷の鎖がないと生きていけない、業の深い女だから!」

笑顔が素敵なメイドさんだが、発言はネガティブ。
自分から犬と呼んでくださいと必要以上にへりくだる。
かつては王族の一員だったか、一族が画策した叛乱に連座して身分が格下げになったらしい。
ドナースターク(木曜日)という名前もその時につけられたもので、本名ではない。
まったくもって不憫な女の子。

【ゆるめの王子様】
●エーミール=ヴィッターハイム (CV:柳沢降臨)
「我を通すには世間は窮屈すぎる、だから妥協するしかないのさ」

リーゼロッテの兄で、メルヘンな絵本から出てきたようなキラキラ容姿だが
性格はしっかりモノの妹に比べて軽い。
公位継承者としてある意味王者の度量をうかがわせるが
何にでも妥協する節操なしのほうがあってる。
ホテル住まいをしている金持ちでイケメン。
スペックがいろいろ忌々しいのでその服装でカレーうどんでも食ってろ。

【気の強いクラスメイト】
●相模 愛華 (CV:鈴音華月)
「郁乃! あんたは騙されてるのよ!」

郁乃の友人。
甲斐甲斐しく俺の世話をする郁乃を不憫に思い別れるように進言する。
噂話や流行を追いかける今どきの女の子でクラスの女子のまとめ役。
男子に対しては毛虫を見るような視線で容赦なくプレッシャーをかけてくる非情の人。

【白皙怜悧な優等生】
●三郎丸 靖峰 (CV:原田友貴)
「神よ! なにゆえ人にこの快楽を与えたもうた!」

いつも本を手にしている濫読家。
先輩と違い白佯堂で大量の書籍を購入してくれるお得意様。
白皙怜悧な成績優秀者ではあるが、その頭脳を己の偏った欲望追及のためにしか使おうとしない。
こいつを見てると、学習によって人間の理性が制御される説は間違いだと思う。

【郁乃の父親にして謎の人】
●高辻 徹生 (CV:雨戸武治)
「昔はパパと結婚するって言ってくれたのになあ……」

郁乃の父親で喫茶店「ラガトシュ」のオーナー。
コーヒーと女性を愛するがゆえの現世に足のついてない性格のせいで、
郁乃や母の芳乃さんは苦労させられっぱなし。
普段は夫婦仲がいいが、女たらしの性格が災いして芳乃との離婚に発展してしまうが、完全に自業自得。
だが、両親不在の俺たちの面倒をみてくれるところには感謝してます。

【郁乃の母にして担任教師】
●高辻 芳乃 (CV:金松由花)
「いろいろ合ったのよ、いろいろね」

郁乃の母親。
徹生と結婚したせいで一生苦労する羽目になった可哀そうな人。
俺と郁乃のクラスの担任。
普段は優しいけど、怒ると非情に怖い。
その血は確実に郁乃に受け継がれていると思う。

【主人公】
●堀川 英次
古書店「白佯堂」の跡取り息子。
母を早くになくし、父は単身赴任でほぼ家を空けている。
若くして古本屋を切り盛りし妹を育てる苦労性。
なぜか複数の女の子と同居するという斬新な設定で修羅場ハーレムを堪能中。

【主人公の友人】
●中条 建城 (CV:瀧昌矢)
影が薄くてスルーされがちな友人。
特に印象が残らない自分を気にしている。
立ち絵もない。

並べ替え
表示形式 詳細 簡易
表示件数 20 50 100
購入可のみ ON OFF
デモ・体験版有りのみ ON OFF
サンプル有りのみ ON OFF