stop

「H-lov(H大好き!)」へようこそ。
このWEBサイトは18歳未満の方は閲覧できない情報が含まれております。
18歳以上の方のみご利用頂けます。

stop

「H-lov(H大好き!)」へようこそ。
このWEBサイトは18歳未満の方は閲覧できない情報が含まれております。
18歳以上の方のみご利用頂けます。

ブランド「bootUP!」のゲーム一覧

並べ替え
表示形式 詳細 簡易
表示件数 20 50 100
購入可のみ ON OFF
デモ・体験版有りのみ ON OFF
サンプル有りのみ ON OFF

ままはは

ままはは
サイト 価格
(税込)
ポイント
デジケット 5,703円 830pt
Gyutto 5,980円 553pt
DL.Getchu 5,980円 299pt
DMM 5,980円 59pt
DLsite 5,981円 166pt
配信開始日
(登録日)
2016年11月25日
評価 平均 4.328 点 ( 264/61 )
作品形式 アドベンチャー
ブランド bootUP!
ジャンル お姉さん巨乳巨乳/爆乳恋愛幼馴染水着フェラチオ人妻インモラル巨乳・爆乳パイズリ未亡人母乳孕ませ義母中出し複数プレイ/乱交幼なじみむちむち熟女野外
原画 東雲一彦
シナリオ 長野ヒロユキ
声優 香山いちご木多野あり野々村紗夜朝香ナツ魚住さぁさ

熟愛…それは甘く、官能的な日々―。“bootUP!”最新作は待望の全ヒロイン年上! 甘えさせてくれるだけでなくエッチもリードしてくれる年上ヒロインたちの魅力をギュッと詰め込んだ新たなるLOVEエロが登場だ!

■あらすじ

2年前のある日、主人公・秋人(しゅうと)の環境は大きく変わった。

「お前の新しい母さんだ」

父親から再婚相手である伊桜里(いおり)さんを紹介されたのだ。
何の相談もなかった再婚の話に、秋人は唖然とし動揺する。

再婚相手の伊桜里は父の会社の部下で、昔からよく家に来ては家事に勉強など、色々と面倒を見てくれていた。
そんな彼女に秋人は、密かに憧れを抱いていた。

「伊桜里さんが俺の母親に?」

あまりに唐突で受け入れることに苦悩する秋人だったが、親父と伊桜里さんが幸せならば――
そう心の中で割り切り、ふたりの再婚を応援しよう。 そう思った矢先だった。
新たな人生を歩もうとした父は再婚後、わずか 2ヵ月で事故に遭いあっけなく他界。
秋人の環境は再び大きく変化する。

新しい家族の中心となるはずだった父親の死。 再婚した伊桜里との慣れない生活――
そんな日常の中、秋人は若く血の繋がらない伊桜里のことを、女性として意識してしまっている自分に気が付く。
自分が抱く邪な気持ちを自己嫌悪した秋人は、伊桜里の反対を押し切る形で卒業と同時に東京の専門学校へと進学。 遠い都会で一人暮らしを始めた。

そして訪れた初めての夏休み――
秋人は悩んだ挙げ句、伊桜里が待つ “実家” に帰省することにした。

憧れの女性で、若く姉のような継母――
お隣に住む母親のような存在の人妻――
そして年上の幼なじみ――

東京に戻るまでの 2週間。 秋人は彼女たちと一緒の時間を過ごすことで、彼女たちが自分に抱いている気持ち・想いを知ることになる。
LIKE? それともLOVE? 彼女たちが胸の中に秘めた想いは何なのか?
想いを知って、それをどう受け止め、どんな答えを出すのか?
彼女が自分にとって大切な存在となった瞬間、今までとはまったく違った日常が始まる。

それは甘く、官能的な日々――
新たなる LOVEエロ物語 がここに始まる。

■作品概要

“bootUP!”がお贈りする『LOVEエロ』が新たなステージへッ!!
姉でも妹でも従姉妹でもなく、今度のメインヒロインはズバリ! 義母と人妻!!
幼馴染みでさえ年上のお姉さんという全ヒロインが年上女性という熟愛パラダイス!
圧倒的な包容力、母性、そして大人の女性ならではの色気! 求める性の衝動を全身で受け止めてくれる年上ヒロインだからこその魅力がキュッと詰まっているぞ!

今作でも原画に東雲氏、シナリオ長野氏というゴールデンコンビは健在!
またエロCG率は80%と安心・安定のLOVEエロ設計! 濃厚かつ甘いエッチシーンに至る過程やピロートークまで丁寧かつ綿密に描かれているので余韻もバッチリ股間に響く事間違いなしだ!
母性たっぷりのヒロインたちに甘えるもよし、逆に自らリードしてご奉仕してもらうもよし!
年上ヒロインたちとのLOVEエロな日々をたっぷりと満喫しよう!

はにつまHs ~アフターウェディング~

はにつまHs ~アフターウェディング~
サイト 価格
(税込)
ポイント
デジケット 5,150円 750pt
Gyutto 5,400円 500pt
DL.Getchu 5,400円 270pt
DLsite 5,400円 150pt
DMM 5,400円 54pt

注意:(VJ009990)「はにつまLOVEエロセット」と内容の重複があります。

恋愛から婚約、そして結婚へ。
あなたが選んだヒロインとの結婚後のLOVEエロ生活がここに始まる。

許嫁で担任教師の――生駒葵
神楽邸の管理人兼家政婦――青葉美里
クラス委員長を務める美人のクラスメイト――矢矧凜
愛らしい年下の従姉妹――川内五十鈴
将来を誓い合った最愛の『妻』とのLOVEエロな日常――ウェディングアフター

子作りエッチ……膣内射精は当たり前!
もちろん快く妊娠してくれます。
もちろん本番だけではありません、最愛の旦那様の為にと、色んなことをいっぱいしてくれちゃいます♪

愛しい妻とのエロエロな性活を描いたLOVEエロAVG。
愛しい『妻』が相手だからこそ出来る『H』がギュッとつまった
『はにつま』のエッチ特化型ファンディスクが満をきたして登場です!

◆◇◆ストーリー◆◇◆
霧島重工業の重役を代々引き継いでいる名門『暁家』。
主人公――『暁響』は、暁家の一人息子として生を受け、父――『暁雷電』の厳しい指導の元、
父や祖父の後を継ぎ、霧島重工を支える人間であることを義務づけられていた。
雷電の響に対する期待は大きかった。
しかし――それは響にとって重荷以外のなにものでもなかった。

幼い頃は雷電の言うことに従っていた響だったが、年を重ねる毎に、父に反発するようになっていく。
そして、進学をきっかけに家出同然で父がいる東京の自宅から出て、
遠く離れた地方都市二代市にある鳴海学園への進学。
二代市内にある暁家の別邸――通称『神楽邸』に住み込むことに……。

神楽邸に住み込みながら屋敷の管理をする女性――
『青葉美里』に日々の暮らしの面倒を見て貰いながら響は父親に翻弄されない平穏な日々を淡々と過ごす。
平穏な日々……。
停滞していた響の時間だったが、一人の女性との出会いによって、動き出すことに。
響の元を訪れた女性の名前は『生駒葵』。
葵は自分が響の許嫁であること。そして、正式に婚約する前に自分のこと知って貰いたくて、
神楽邸でしばらく一緒に住むためにやってきたことを告げる。

自分の知らない許嫁の存在。
勝手に物事を進める父親に強い反感を覚える響だったが、門前払いすることはできず、葵を神楽邸へと上げ、
葵、美里との同居生活が始まる。

葵との出会いは、響に心境に大きな変化を促し、
暁家の人間であること、そして父親と向き合うことを決意する。

自分はこれから先、どうしたいのか?

停滞していた響の時間が動き始め、やがて響は一つの答えにたどり着く。
将来を共に歩みたいと思った女性の存在。

パートナーとして選んだ『彼女』との距離はどんどん縮まっていき――

LIKE to LOVE――
LOVE to Engagement――

父親への自分の決意を示す為、『彼女』へプロポーズする。
そして、『彼女』だった女性は、あなたの『愛おしい妻』になった。

暁家と向き合いながら、過ごす最愛の『妻』との生活。
毎日のように愛し合うLOVEエロな日々――
止めてしまっていた時間を取り戻すかのように、最愛の妻を貪欲に求め、愛してあう。

『Hs』――本編を上回るエロスを手に入れたゲームにのみ与えられる称号。

はにつまを上回る官能的な日常が、今始まる。

◆◇◆登場キャラクター◆◇◆
●生駒 葵 (CV:まのめるか)
主人公の許嫁。
大卒業後、教育実習を経て、東京の学校で教員をしていたが、許嫁である主人公に嫁ぐために、
主人公が通う鳴海学園へ教師として赴任してきた。
主人公に抱いていた興味は次第に好意となり、二人の距離は一気に縮まるが、
父親への反抗心から、今一歩前に踏み出すことが出来ない主人公に、恋人から始めてみるのはどうかと提案。
葵の提案を受け、主人公は恋人として付き合い、互いに愛情を育み、相思相愛の関係になる。
最終的に主人公からプロポーズを受け、それに応じ、『妻』となる道を選んだ。
面倒見が良い性格で、学生達に常に真摯な態度で接っし、教師として非常に人気がある。
同僚の先生達からの評判もすこぶるよく、信頼されている。

『この屋敷に来て、本当によかった。素敵な旦那様を見つけることが出来て、わたし、とても幸せよ』

●青葉 美里 (CV:大波こなみ)
神楽邸の管理を任されつつ、家政婦として主人公の世話していた女性。
事業に失敗した夫に無理矢理心中を迫られる。
その時、偶然、現場に居合わせた響に助けられ、その時以来、その恩を返すため、響に尽くしている。
再婚することもなく、使用人として恩義のある響に健気に尽くしてきた。
しかし、許嫁である葵が屋敷で同居することになり、響に対する好意……好きだという気持ちを押さえられず、
ある日、自ら響に身体を捧げてしまう。
身体を求められるだけ、欲望のはけ口として抱かれるだけで十分。
そう思っていたが、響の口から好きだという気持ちを告げられ、求婚される。
自分が既婚者であること、葵という許嫁が存在することから、求婚を断ろうとするが、
響の強い想いに押され、心と身体、全てを響に委ねていった。
その性格は、献身的かつ母性に溢れていて、響にとって妻であり、
姉であり、母親のような特別な存在となっている。

『こんな私を響さんが抱いてくれている。本当に幸せすぎて、夢を見ているようです』

●矢矧 凜 (CV:岬友美)
主人公のクラスメイトで、クラス委員をしている。
クラス委員の仕事をこなしつつも、テニス部に所属し、レギュラー部員として活躍。
それに加え、部活の後に、駅前のファミレスでウェイトレスのバイトをしている多忙な少女。
全てにおいて真面目で一生懸命な性格だが、頭が硬くて融通が利かないことも多い。
部活での活躍やその容姿やスタイルの良さから男子はもちろんのこと、女子からも人気がある。
しかし、生真面目な性格のせいか、クールな雰囲気があり、どこか近寄りがたいオーラを醸し出している。
最初は響のことを風紀を乱す要注意人物と見なし、否定的な感情を抱いていたが、
会話を繰り返しているうちに、響は響なりに悩みがあることを知り、その立場に理解を示すようになった。
響の生い立ちをよく知ることで興味を抱くようになり、やがて興味が好意へと変化。
響の方も凜に対して好意を抱くようになり、彼から好きだという気持ちを伝えられ、付き合うことに。
その後、妻になって欲しいとプロポーズされ、凜はそれを受け入れ響の妻になることを決める。
婚約者となった現在は、父親に逆らい屋敷を出た響を家に迎え入れ、同居している。

『まさか暁君とこんな関係になるなんて、まだ信じられないわ。でも、嫌じゃない。
あなたの妻になれて、嬉しいって思える自分がいるの』

●川内 五十鈴 (CV:蒼依ハル)
響の従姉妹で2つ年下の下級生。
昔から響をお兄ちゃんと呼んで言って慕い、長期休みには東京の実家に遊びに来ていた。
性格は明るくて活発。
外見から幼い雰囲気を醸し出しているが、しっかり者の頑張り屋さん。
気配りが行き届いていて、他人に迷惑をかけないようにと常に心がけている。
幼い頃、テレビを見ていた響が新体操に強い興味を示したことがきっかけで、新体操を始めた。
頑張り屋さんで、必死に練習し、相応の実力を身につけるが、あがり症の為、
大会では本来のポテンシャルの半分も出せずにいる。
響のことが大好きで、お嫁さんになることを昔からずっと夢みていた。
東京から二代市に引っ越し、同じ街で住むことになり、響に対する好意をより強く抱くようになる。
妹のように接してくる響に自分の気持ちをハッキリと伝えられずにいたが、
許嫁の葵、美里……響と同居する二人の女性の存在に気持ちを伝えることを決意。
響の前で全力の演技をした後、好きだという気持ちを告白した。
妹のような存在として見ていた響も、いつしか女性として意識するようになっていて、
五十鈴の気持ちを受け入れ、恋人として付き合うことになった。
その後、許嫁の問題をクリアする為、響からプロポーズされ、二つ返事で受け入れ、妻になることを誓う。

『お兄ちゃんと結婚することが出来るなんて、はぁ、とっても幸せだよ。
えへへ、これから毎日、いっぱいいっぱいエッチしようね」

●霧島 伊月 (CV:野神奈々)
主人公のクラスメイトで友人。
父は霧島重工グループの直系(あねいも2の霧島深月、皐月の父親の実弟)、
母は帝洋製薬(西川グループ系列)の社長令嬢というサラブレッドのような血筋を誇る。
ただし、そのことを鼻に掛けたりすることは一切なく、高飛車な行動や言動も見られない。
むしろ、庶民的な雰囲気でノリも軽い。
それでも、クラスメイトから見れば、霧島と西川の血筋というだけで、
気軽に声をかけられる相手ではないらしく、その存在は浮いてしまっている。
同じ良家の出身でクラスの中で浮いた存在である響とは馬が合うらしく、一年時からずっと友人関係にある。
気まぐれで授業をさぼったりと、素行が良いとは言えない。
そのため、クラス委員である凛に注意されることが多い。
ただし、頭の回転は早く、何をするにしても要領がいい。
成績そのものは非常によく、テスト結果は学年のトップ5の常連。
言動の軽さとは裏腹に、意外と面倒見がいい性格をしていて響のアドバイザー的な存在となっている他、
部活の助っ人請け合い人として、孤立気味の響とクラスメイトとの間を取り持っている。
世話焼きなのは響だけではなく、悩みを抱えていると思われる人物に自ら声をかけ、
その解決に力を貸している。
そういうアクティブな性格なゆえ、最初の頃の浮いた存在ではなくなり、男女問わず、人気者になった。
猫のように気まぐれな性格で、放課後や休日は特に用事もなく街へフラフラと遊びに出て、息抜きをしている。

『いきなり結婚だなんて、響っちもなかなか大胆だねぇ。少し見直しちゃった』

●生駒 啓三 (CV:祭大!!)
霧島重工の役員選元常務取締役を長年に渡って勤めていたが、定年より前に退職し、第一線を退いた。
引退後は趣味であるアンティークショップを開業。
仕事の鬼となっていた時間を取り戻すかのように、自由気ままにのんびりと日々を過ごしている。
豪放な性格で、元部下達から慕われ、今も相談事を多く受けている。
響の父親、雷電もその一人。
常務になる前から雷電とは仕事で何度もコンビを組み、大きなプロジェクトを多く成功へと導いた。
二人のビジネスにおけるコンビネーションは、霧島重工のトップである「霧島隼人」に、
パーフェクトコンビと称され重用された。
常務取締役に就任した後も老練なビジネスマン、グループの重鎮として、その存在感を内外に示す。
意気投合することの多かった雷電に孫娘がいることを紹介し、将来、雷電の息子の嫁にという話を提案する。
あくまで酒の席での話ではあったものの、雷電は啓三の言葉を受け、
自分の息子である「響」と、啓三の孫娘「葵」の婚約――許嫁の約束を交わした。
啓三は、もし、相手のことを気に入ったのなら結婚して欲しいが、
嫌だったら遠慮なく嫌と言えばいいと伝え、二代市に向かう葵を見送った。
建築の達人でセンス、技術共に日本有数の建築家として知られ、霧島重工でも入社以来建築部門に関わり、
最終的には統括していた。響の住む神楽邸の設計も啓三によるものである。
将来的に出来るだけ自然な形で「響」と「葵」に出会いの機会をと考えていたが、
雷電から家出した響のことを相談され、悩んだ末に孫娘である葵に二代の地に向かって欲しいと伝える。

●暁 雷電 (CV:丑島ユウ)
響の父親。
霧島重工の重役の一人で、東京で貿易関係の仕事に従事している。
元霧島重工の常務取締役、自分の前任であり、師とも言える生駒啓三に心酔。
啓三の孫である「葵」と、自分の息子である「響」を許嫁として結婚させたいと考えている。
筋骨隆々で非常に体格が良い。
独善的で幼い頃から響に対して、自分の言う通りにしていれば幸せになれると教え込んできた。
葵との許嫁の話も雷電からすれば善意の行動であり、葵と響が一緒になることをベストだと信じている。
しかし、そんな独善的な行動や考え方が、響の反発を招き、響は家出同然で家を出て、
東京から遠い場所――二代市にある鳴海学園へ進学することになってしまった。
強引に物事を進めるワンマンタイプではあるものの、部下に的確な判断で指示を出し、
効率的に仕事をさせる有能な人物。
直情的で裏表のない性格、そして的確ともいえる判断、指示を出すことから、部下からの信頼は厚い。
夏休みに入って間もなく、二代市に足を運び、響に葵と結婚するように命じる。
しかし、響は自分の人生、未来は自分自身で決めると答え、
雷電の意向に背き、自らが選んだ道を進むことになった。
そんな響に雷電は愚か者と決めつけるが、内心では自分から逃げ続けていた響の変化、
成長に、父親として喜びを感じている。

はにつまLOVEエロセット

はにつまLOVEエロセット
サイト 価格
(税込)
ポイント
デジケット 8,582円 1,249pt
Gyutto 8,999円 833pt
DL.Getchu 8,999円 450pt
DLsite 8,999円 249pt
DMM 8,999円 89pt

本作品は
「はにつま」(VJ009133)
「はにつまHs ~アフターウェディング~」(VJ009989)
を同時収録したパック商品です。

お嫁さん候補は年増からお姉さん、はたまたクラスメイトに下級生まで!?
オールレンジなLOVEエロAGV『はにつま』とその後の新婚イチャラブHに特化したファンディスク『はにつまHs』がお得なセットになった!
許嫁騒動から恋愛・結婚、そして新婚生活まで!
"bootUP!"が贈る「LOVEエロ」な恋物語に一気に飛び込むチャンス到来!
あなたと恋に堕ちたヒロインたちとのトロけるような甘~いエッチに溺れちゃえ!

■□■はにつま■□■
霧島重工業の重役を代々引き継いでいる名門『暁家』。
主人公――『暁響』は、暁家の一人息子として生を受け、
父――『暁雷電』の厳しい指導の元、父や祖父の後を継ぎ、
霧島重工を支える人間であることを義務づけられていた。
父、雷電の一人息子である響に対する期待は大きかったが、
それは響にとって重荷以外のなにものでもなかった。

幼い頃は雷電の言うことに従っていた響だったが、年を重ねる毎に、父に反発するようになっていく。
そして、進学をきっかけに、響は家出同然で父がいる東京の自宅から出て、
遠く離れた地方都市二代市にある鳴海学園への進学。
二代市内にある暁家の別邸――通称『神楽邸』に住み込むことに……。

神楽邸に住み込みながら屋敷の管理をする女性――『青葉美里』に日々の暮らしの面倒を見て貰いながら
響は父親に翻弄されない平穏な日々を淡々と過ごす。
だが、響が望んでいた『平穏な日々』は、一人の女性との出会いによって、あっけなく崩れ去ってしまう。

響の元を訪れた女性の名前は『生駒葵』。
葵は自分が響の許嫁であること。そして、正式に婚約する前に自分のこと知って貰いたくて、
神楽邸でしばらく一緒に住むためにやってきたことを告げる。
葵の存在――自分に許嫁がいたことなど全く聞かされていなかった響は、
いつものように強引に父親に強い反感を覚える。
しかし、さすがに門前払いすることはできず、葵を神楽邸へと上げてしまう。

しばらくの間、一緒に生活してみてお互いのことをもっと知りましょう――

そんな葵の言葉に戸惑いを感じつつも、葵と一つ屋根の下で生活することになる。

結局、こんな所に逃げ込んだ所で、親父からは逃げられないんだ――

葵との出会い、そして一緒に暮らし始めたことは、
父親のプレッシャーから逃げ、毎日を過ごしてきた響の心に大きな変化を与えていく。
自分が心地よいと感じていた平穏な日々が仮初めだったこと。
暁の家に生まれた人間として、現実から目を背けられないことを響は理解する。
そして、今、自分に起きていることに対して、きちんと向き合うことを決意する。

許嫁である葵と結婚するかどうかは別として、葵の提案を受け入れて共に生活する選択肢を選んだ響。
それがきっかけだったのか、どうかわからないが、葵が許嫁として神楽邸で一緒に済むようになってから、
身近な女性との関係が少しずつ、だが確実に変化し始める。
響が選んだ『彼女』と会話することや行動を共にすることで、
「好意」が「好き」という、具体的な気持ちになっていく。

LIKE to LOVE――
パートナーとして選んだ『彼女』との距離はどんどん縮まっていき――

LOVE to Engagement――

父親への自分の決意を示す為、『彼女』と正式に婚約、結婚することに。

『彼女』だった女性は、あなたの『愛おしい妻』になる。

そして綴られる夫婦としてのLOVEエロな日々――
自分の中で欠けていた心(ピース)を埋めるかのように、
生涯を誓い合ったパートナー『妻』と、情熱的に愛し合う甘く蕩けるような毎日。

――『はにつま』――

あねいもNEOに続き、LOVEエロの系譜に新たなるタイトルが刻まれる。

■□■はにつまHs ~アフターウェディング~■□■
父親への自分の決意を示す為、『彼女』へプロポーズする。
そして、『彼女』だった女性は、あなたの『愛おしい妻』になった。

暁家と向き合いながら、過ごす最愛の『妻』との生活。
毎日のように愛し合うLOVEエロな日々――
止めてしまっていた時間を取り戻すかのように、最愛の妻を貪欲に求め、愛してあう。

『Hs』――本編を上回るエロスを手に入れたゲームにのみ与えられる称号。

はにつまを上回る官能的な日常が、今始まる。

はにつま

はにつま
サイト 価格
(税込)
ポイント
デジケット 7,004円 1,020pt
Gyutto 7,344円 680pt
DL.Getchu 7,344円 368pt
DLsite 7,344円 204pt
DMM 7,344円 73pt

年増、お姉さん、クラスメイト、下級生――オールレンジLOVEエロAVG!! あなたと恋をして、将来を誓い合う相手はいったい誰?

■あらすじ

霧島重工業の重役を代々引き継いでいる名門『暁家』。
主人公――『暁響』は、暁家の一人息子として生を受け、
父――『暁雷電』の厳しい指導の元、父や祖父の後を継ぎ、
霧島重工を支える人間であることを義務づけられていた。
父、雷電の一人息子である響に対する期待は大きかったが、
それは響にとって重荷以外のなにものでもなかった。

幼い頃は雷電の言うことに従っていた響だったが、
年を重ねる毎に、父に反発するようになっていく。
そして、進学をきっかけに、響は家出同然で父がいる東京の自宅から出て、
遠く離れた地方都市二代市にある鳴海学園への進学。
二代市内にある暁家の別邸――通称『神楽邸』に住み込むことに……。

神楽邸に住み込みながら屋敷の管理をする女性――
『青葉美里』に日々の暮らしの面倒を見て貰いながら
響は父親に翻弄されない平穏な日々を淡々と過ごす。
だが、響が望んでいた『平穏な日々』は、一人の女性との出会いによって、
あっけなく崩れ去ってしまう。

響の元を訪れた女性の名前は『生駒葵』。
葵は自分が響の許嫁であること。そして、正式に婚約する前に自分のこと知って貰いたくて、
神楽邸でしばらく一緒に住むためにやってきたことを告げる。
葵の存在――自分に許嫁がいたことなど全く聞かされていなかった響は、
いつものように強引に父親に強い反感を覚える。
しかし、さすがに門前払いすることはできず、葵を神楽邸へと上げてしまう。

しばらくの間、一緒に生活してみてお互いのことをもっと知りましょう――

そんな葵の言葉に戸惑いを感じつつも、葵と一つ屋根の下で生活することになる。

結局、こんな所に逃げ込んだ所で、親父からは逃げられないんだ――

葵との出会い、そして一緒に暮らし始めたことは、父親のプレッシャーから逃げ、毎日を過ごしてきた響の心に大きな変化を与えていく。
自分が心地よいと感じていた平穏な日々が仮初めだったこと。
暁の家に生まれた人間として、現実から目を背けられないことを響は理解する。
そして、今、自分に起きていることに対して、きちんと向き合うことを決意する。

許嫁である葵と結婚するかどうかは別として、
葵の提案を受け入れて共に生活する選択肢を選んだ響。
それがきっかけだったのか、どうかわからないが、
葵が許嫁として神楽邸で一緒に済むようになってから、
身近な女性との関係が少しずつ、だが確実に変化し始める。
響が選んだ『彼女』と会話することや行動を共にすることで、
「好意」が「好き」という、具体的な気持ちになっていく。

LIKE to LOVE――
パートナーとして選んだ『彼女』との距離はどんどん縮まっていき――

LOVE to Engagement――

父親への自分の決意を示す為、『彼女』と正式に婚約、結婚することに。

『彼女』だった女性は、あなたの『愛おしい妻』になる。

そして綴られる夫婦としてのLOVEエロな日々――
自分の中で欠けていた心(ピース)を埋めるかのように、
生涯を誓い合ったパートナー『妻』と、情熱的に愛し合う甘く蕩けるような毎日。

――『はにつま』――

あねいもNEOに続き、LOVEエロの系譜に新たなるタイトルが刻まれる。

■作品概要

青天の霹靂のような許嫁の出現!
恋愛、婚約――そして結婚!?
突然、現れた年上の許嫁を筆頭に、主人公が住む屋敷の管理人兼家政婦として、主人公の面倒を見てくれている未亡人。
クラス委員長を務める美人のクラスメイト。そして幼い頃から想いをはせる年下の従姉妹!
年増、お姉さん、クラスメイト、下級生――オールレンジLOVEエロAVG!!
あなたと恋をして、将来を誓い合う相手はいったい誰?
幾多の恋愛ドラマを経て結ばれた愛しの妻とラブラブ&エロエロな性活を描いたLOVEエロ物語!!
新たなる舞台、キャラによるLOVEエロゲー最新作がここに登場!

■チェックポイント1『エンジンを刷新! より美麗に! そして、できるだけ優しく』
「あねいも2」からマイナーチェンジを繰り返して使ってきたエンジンを最新のものに変更!
それに合わせ、画面解像度も大型化!
また、システム設定画面でユーザーが任意に選択できる項目を増やし、
ユーザーがフレキシブルにプレイできるように細部にわたって手を入れました。
その他、最新のwindows8.1はもちろんのこと、XPでのプレイもメーカー独自にサポート。
「あねいもNEO+」と同等のPC環境でもプレイできるようになっています。

※対応OSのサポートに関しては『はにつま』公式サイト(bootUP!)にて、ご確認ください。

■チェックポイント2『最新だけど古くさい? 安定志向の良質LOVEエロゲー』
「はにつま」はbootUP!ブランドの最新作でですが、ノリはいつものLOVEエロゲーです。
2004年の「あねいも」発売時より、変わらないベテラン開発メンバーが作るからこその安定感のある良質なLOVEエロ――
ヒロインとのイチャらぶ+濃厚なセックスという完璧な『エロゲ-』です。
エロ部分を切り離したら何にも残らないほど濃密なのです。

■チェックポイント3『新たなる舞台で魅力的なヒロイン達とのLOVEエロ物語(ハート)』
愛しい彼女とヤレばヤルほどエロくなっていく――
LOVEエロゲ-の真骨頂を今作品でもいかんなく発揮!
恋愛編のラストに、スィートな感じにキス、初めてのエッチシーン……。
そして愛しい彼女と正式に婚約を交わした後は、動物のようにセックス三昧!
セックスに不慣れな彼女も行為を繰り返す間になれていき、どんどん濃密なセックスになっていきます。
挿入に恥じらっていた彼女が、フェラやパイズリで奉仕し、自ら腰を振って射精をおねだりする様子は股間にグッとくること間違いなし!
もちろん、あねいもシリーズから飛び出て、ブランドの顔となっているアフタートークも当然のように用意されてます。
そして今回は序盤で使われることの多いアフタートークCGに加え、夫婦となり濃密なセックスを繰り返すようになった後に使用されるアフタートークver2を用意。
イチャらぶな雰囲気とは違う、主人公にセックスしまくられトロトロになってしまったヒロインとのアフタートークを満喫することが出来ちゃいます!

■チェックポイント4『エロスにかける情熱! 妻となった彼女とのエッチを心ゆくまで満喫させます!』
恋愛編を経て、あなたが選び婚約を果たした『彼女』は、あなたの『妻』になります。
妻にした以上はエッチなことに遠慮はいりません。
今回は夫婦ということもあり、堂々とそして容赦なくガンガン子作りセックスしまくります。
子作りセックスの他にも、フェラチオ奉仕やパイズリ奉仕は、ごく当たり前のように全員完備。
中出しばかりでなく任意で精液を彼女の顔や身体にぶっかけることが出来るシーンも用意しましたので、最愛の妻を牡の汁まみれにして悦に浸りましょう。
その他、外での青姦、校舎内での危ない情事、おなじみのコスプレエッチ等々、豊富なエロシチュエーションを用意。
また全てのキャラではありませんが、妊娠した後も『妻』になった『彼女』とのエッチは続きます。
抜けること――それを大前提に作られたエロゲ-「はにつま」の果てしないエロの宴の前に、アナタの股間はKO間違いなしです!

■チェックポイント5『NEO+より、改良されたHeart改システム!』あねいもNEO+で導入されたheroine alternative part――『Heart』に改良を加えた『Heart改』を採用!
4人のヒロインからあなたが気に入ったヒロイン一人を選択し、ヒロインとのストーリーを進めるのと同時に、LOVEポイント(好感度)を高めていきます。
あねいもNEO+では、好感度はヒロインを確定させる為の数値だったものが、今作品ではLOVEポイントの累計によって、エンゲージレベルが決まる!
エンゲージレベルは3つの段回に分けられていて、高いほど婚約し『妻』にした『彼女』とのエッチシーンが多く、そしてより濃厚なものになります。

■「東雲一彦」×「長野ヒロユキ」のタッグが手掛ける他作品はこちら

あねいもNeo + Second Sisters

ラブラブ恋愛と濃厚エッチが一度に味わえる「あねいもNeo」が、ユーザーの要望を可能な限り取り込み、大幅に拡張、強化されて再登場! 全キャラクターが攻略可能になった!

あねいもNeo ~Second Sisters~

すべてのLOVEエロゲーのオリジン! あのLOVEエロアドベンチャーが装いも新たに帰ってきた! 新たなる姉妹とのLOVEエロな物語が再び動き始める。

ふたあね DLセット

「FUTA・ANE~ふたあね~ bitter&sweet 」と「ふたあねHs ~若葉とあやめのLOVEエロ物語~」が一挙に遊べる夢のDLセットが登場!

あねいも2 DLセット

二組の姉妹と繰り広げるラブ&エッチで人気の『あねいも2 ~Second Stage~』と、ファンディスク『あねいも2H's』『あねいも2・いもいもFD~皐月&唯のLOVEエロプチ旅行編~』の三本がお得なセットになった!

あねいも Neo+ ~Second Sisters~

あねいも Neo+ ~Second Sisters~
サイト 価格
(税込)
ポイント
デジケット 6,671円 971pt
Gyutto 6,995円 647pt
DL.Getchu 6,995円 350pt
DLsite 6,995円 194pt
DMM 6,995円 69pt

■□■「あねいもNeo」が大幅にパワーアップ!■□■
「あねいも Neo ~Second Sisters~(VJ007601)」が、ユーザーの要望を可能な限り取り込み、
大幅に拡張、強化されて再登場!
全キャラクターが攻略可能!
総イベントCG200枚以上と圧倒的なボリュームを持ってbootUP!がお送りする、「あねいもNeo」の決定版!
嘘か誠か、「あねいもNeo+」のどこがプラスになったのかをご紹介します!

●すべてのキャラが攻略可能に!?
舞&七菜のヒロイン姉妹はもちろんのこと、
サブキャラだった「高天玲子」「藤堂高美」「足柄葉月」の3人が攻略可能になりました!
さらに新規追加ヒロインとして、玲子の姉である「高天明日香」が登場!!
すでに攻略可能だった「舞」「七菜」「桜」「佐和子」に加え、
合計8人のキャラクターすべてが攻略対象となり、それぞれとLOVEエロすることが可能です!

●大幅に追加されたキャラ立ち絵
好評を頂きました後ろ向きを始め、舞と七菜以外のキャラにも最低で2ポーズの立ち絵を用意!
キャラクターの魅力をビジュアル面で深く追求。
前作以上に画面上にヒロイン達が魅力的に映るよう工夫を施しました。
全キャラの裸立ち絵はもちろん、一部キャラクターに妊婦となりお腹を膨らませたボテ腹状態の立ち絵を実装!
マニアな嗜好をお持ちのユーザー様も納得の仕様としました!

●広がりを見せる世界観に、新規に追加された大型イベント
ヒロインの追加に伴いNEOのメイン舞台であった十河市を中心に、ゲームの舞台も広がりを見せます。
新たにヒロインになった4人に、それぞれユニークイベントが追加。
そしてNEOで攻略できた4人にもイベント追加されたリニューアル&新規追加の
ユニークイベントが追加されました。
さらにヒロイン確定後のLOVEエロパートの後半に臨海学校編シナリオが追加!
八鐘学園生がヒロインとして描かれている場合は、臨海学校へ──
八鐘学園に所属していないキャラには、二人だけで旅行に出かけるなどの
新規Hイベントが多数追加されています。

●ヒロイン選択システム──Heart搭載
姉である「舞」と妹ある「七菜」の二人を選択し、物語を進めていく形でしたが、
今回は最大8キャラの中からイベントを選択して物語を進めていくシステムを採用しました。
システム名は『ヒロインオルタナティブパート(heroine alternative part(Heart)システム』!
決められたシナリオをカチカチとクリックしていくだけでなく、
ユーザーが任意でヒロインとのイベントを選択し、好感度をあげつつ、最終的には恋人に。
そして毎日がエロエロなLOVEエロ編と繋がっていきます!

●LOVEエロパートの全面的な見直し
「あねいも」シリーズの特徴であるLOVEエロ編を大幅にリニューアル!
登場ヒロイン8人がメインヒロインとなった今作品では、
コマンド選択によるステップアップ「NEO-LOVEエロシステム」をオミットしました。
ステップアップは自動で、1日経過=ステップアップとなり、
ヒロインとのらぶらぶエロエロな毎日をより簡単に楽しめる仕様としました。
横の広がりは狭くなりましたが、一週間(7ステップ)を全8キャラ分用意。
前回攻略ヒロインも含め、縦軸では密度が前作より増しています。
その他、当ブランドの特徴でもあるピロートーク『アフタートーク』シーンも8人全員に実装されています。
もちろんコスプレ系エッチシーンも各キャラに満遍なく用意し、満足して頂ける内容を目指しました。

■□■ストーリー■□■
真面目で優等生。そして、しっかり者の姉──『舞』
いつもニコニコ、愛らしくて甘えん坊の妹──『七菜』

しかし、その姉妹と主人公である『四郎』の間に血の繋がりはない。
二人は今から7年前、両親をなくしたのをきっかけに出来た義理の姉妹だった。
突然出来た姉と妹──新しい家族に戸惑いを覚える四郎だったが、
姉妹と差別することなく本当の息子のように優しく、
包み込むように愛情を注いでくれる『桜』のおかげで、新しい家族にうち解けていく。

それから数年──
義理の父であった丈斗が事故死してしまう。
突然の不幸に呆然とする四郎、そして姉妹。
しかし、『桜』は家族の大黒柱を失ったにも関わらず、気丈に振る舞い、家族を支えていく。

そして現在──
血のつながりはないけれど、四郎は3人の母娘とお互いに助け合いながら家族としてずっと生活してきた。

幼い日に両親を失ってしまった四郎にとって、
今の生活はとても居心地のいい、なによりも幸せな時間だった。
そんな中、四郎は十河神社の神主を務める『陸奥高富』から、
自分を引き取りたいという人物──四郎の叔母『最上佐和子』を紹介される。

佐和子は四郎に自分の家に来ないか? と提案する。
そんな佐和子の提案に四郎は答えを保留する。

本音はひとつ、今の家族の元を別れたくない。
しかし、自分は本当にここ……日向家に居ていいのだろうか?
この居心地の良い時間に、ただ身を委ねるだけでいいのだろうか?
いつまでも母さんの世話になっているわけにもいかない。
そんな折りに、『桜』が四郎を大学へ入学させる為に、
土日にパートとして働こうとしていることを高富から聞かされる。

その話を聞いて四郎が出した答えはひとつ──
自分が佐和子の元に行くこと……。
何度も考え抜いた結果、四郎は日向家から自立することを決める。
そして、そのことを『桜』を始め、『舞』『七菜』たちに伝えるのだった。

四郎が家を出ていく。
家族でなくなる──
戸惑いを隠せない桜と舞。
そして猛反対し、泣きながら家を飛び出してしまう七菜。
七菜を追って説得するも七菜は譲らない。
困り果てた四郎の前に、偶然、その場に居合わせた佐和子が現れる。
佐和子はそのまま四郎に案内され日向家に赴き、3人に改めて事情を説明。

そして夏休み前まで自分の元に来るか、日向家に残るか──
よく考えて決断して欲しいと四郎に提案する。
ただ、ひとつ……自分を日向家で生活させて欲しいという条件を付けて。

いきなりの提案に戸惑うものの、他に選択肢があるわけもなく、
佐和子の提案を受け入れ、しばらくの間、一緒に生活することに……。

佐和子が呈示した期限は、夏休み開始までの約20日間──
その日をきっかけに、少しずつ、姉妹との関係に変化が現れてくる。
家族としての気持ちとは別の気持ち──
秘めていた想い──

3人の間で様々な気持ちが交錯する中、舞と七菜……姉妹との関係は少しずつ変化を迎えていき、そして──

家族愛から恋へ──
恋から愛へ──

恋愛物語の末に、ようやく掴むことは出来た『彼女』との新しい絆。
それは、今までとは全く違う形へと変化……いや、進化していく。

姉でも妹でもない。
生涯を誓う合うパートナーとなった『彼女』と、互いの想い、存在を確かめ合うように、
毎日のように身体を重ね、求め合い、情熱的に愛し合う。

『あなたのことが大好きだから、どんなことでもしてあげられる』

無限大の愛と欲望──
LOVEエロの起源である「あねいも」シリーズ最新作が満をきたして、ここに誕生!!

■□■登場キャラクター■□■
●日向 舞 (CV:遠野そよぎ)
主人公の義姉で八鐘学園3年生。
成績は常に学年でベスト3に入るレベルで、水泳部でも一年の時からエースとして活躍してきた。
生真面目な性格でお堅い雰囲気を醸し出しているせいか、微妙に近寄りがたい感じがするが、
本人は気さくで優しく面倒見の良い性格をしている。
先生、後輩からの人望も高く、水泳部の部長として、部を牽引してきたが、
夏の大会を持って事実上引退し、部長の座を信頼している後輩で幼馴染みである足柄葉月に譲った。
しかし、泳ぐことが大好きなこと、そして面倒見の良い性格ということもあり、
後輩の指導を兼ねて、放課後は水泳部に毎日のように顔を出し、泳いでいる。
容姿端麗、成績優秀、水泳部のエースということから、男子からの人気は当然のように抜群であるが、
舞自身、恋愛ごとはかなり苦手であり、ついつい身構えた態度を取ってしまう。
ただし、義弟である四郎には心を許していて、飾ることのない本来の自分として接することが出来ている。
なお、美人で有名な学生会副会長である玲子とは親友同士の間柄で、ミス八鐘コンビとして名を馳せている。
ただ、玲子と常に行動を共にしていることなど、男子からは高嶺の花的な存在であり、
直球で声をかけてくる男子はほとんどいない。
妹である七菜とは仲が良く、普段から世話を焼いたりして可愛がっているが、
愛らしく親しみやすい雰囲気を持っていること、そして誰もが目を見張る巨乳に、
密かにコンプレックスを抱いてしまっている。
他にも無邪気に主人公に懐いている七菜を見て、生真面目な性格の自分には出来ないこと、
と羨ましく思っていたりもする。
成績は抜群だが、母、桜が生活面で苦労していることを誰よりもよく理解していることもあり、
進学はせずに学園卒業後は就職しようと心に決めている。
その他、叔父が神主をやっている十河神社で、週末は巫女さんとしてお手伝い(アルバイト)をしている。
ちなみに巫女のバイト時には、普段あげている髪を下ろし、和風美人の雰囲気がグッと強まる。

●日向 七菜 (CV:木村あやか)
主人公の義妹で八鐘学園1年生。
天真爛漫、どんな時も笑顔を絶やさず、ニコニコしているとても愛らしい女の子。
大好きなお兄ちゃんである四郎と、一緒にお風呂に入りたい、一緒に寝たい等々、
その言動や行動に、子供のような幼さが残っている。
反面、愛らしい童顔に似合わないグラマラスで男好きする身体付きをしている。
しかし、七菜本人は、スタイル抜群の姉に対して、ぽっちゃり気味の自身の体型を結構気にしていて、
劣等感のようなものを感じている。
幼い頃から主人公である四郎のことを兄として慕い、甘え、そして頼ってきた。
それは今も変わることなく、家はもちろん、学園の中でも人目もはばからず甘えてくる。
七菜に甘えられることは嬉しいが、発育が良すぎるその身体には、
四郎も少々……いや、かなり困っている様子。
家の中でも、無防備極まりなく、下着姿で部屋に入ってきたり、
場合によっては風呂から裸のまま出てくることもある。
その点に関しては、さすがに慎みがないと姉である舞によく叱られている。
とはいえ、姉である舞との仲は極めて良好で、仲は非常に良い。
母の桜や姉の舞に頼ってきたこともあり、家事関係は大の苦手だったが、
最近は何か思うことがあるのか、料理に興味を示し、舞と一緒に仲良く料理を作っている様子が見受けられる。
本を読んだり、自身で物語を考え執筆したりするのが好きで、学園でも文芸部に所属している。

●日向 桜 (CV:一色ヒカル)
舞と七菜の母親で、主人公の義母に当たる女性。
おっとりした性格だが、芯はとても強く、大和撫子の鏡のような存在。
優しく母性に溢れた性格で、自分の娘と全く同じように四郎に対して『母親』として接している。
彼女の何もかも包み込んでくれるような温かな優しさの前に、
新しい家族に戸惑いを感じていた四郎も心を開き、桜のことを『母さん』と呼ぶようになった。
年齢を感じさせないほど若作りで、20歳台半ば……主人公の姉に思われることも多々あるほどである。
実際、主人公達への接し方も母親というよりもお姉さん的な所もあり、
母親でありながらも頼れる年上のお姉さんといった雰囲気を持っている。
18歳で結婚、19歳の時に舞を出産した。その後、2年後に七菜を出産する。
そんな中、叔父である陸奥高富を通じ、両親を亡くし、行く当てのない四郎を預かることになる。
四郎を加えた新しい家族での生活で幸せいっぱいの日向家だったが、不意の事故で夫を亡くしてしまう。
しかし、桜は突然の不幸にも心折れることなく、昔していた仕事を再開し日向家を支えていく。
二人の娘はもちろん四郎のことを、心から大切に思っていて、
舞と七菜、そして四郎が幸せになることを願っている。
しかし、自分一人の収入だけで3人の子供を育てるのはなかなか大変で、
最近は残業の日々が続き、体力を消耗してしまっている。
気丈に振るまい何とか日向家を支えているものの、内心では将来に不安を感じていて、
希に四郎に息子ではなく、男性として頼り、依存したくなる時がある。
桜はそんな気持ちになる度に、激しい自己嫌悪に陥っている。

●最上 佐和子 (CV:野神奈々)
四郎の母である古鷹(最上)理恵子の妹で四郎の叔母にあたる。
甥っ子である四郎とは当然、面識があり、幼い頃から気に入っていた(幼かった四郎は覚えていない)。
そんなことから7年前、四郎の両親が死亡した際には、学生の身分ながら
四郎の受け入れを前向きに検討するが両親ならびに親戚の猛反対にあいその願いは叶わなかった。
大学卒業後、実家を飛び出し有名デザイナー会社に就職。
その後、自らレナウン社を立ち上げ、SAWAKOブランドを売り出す。
SAWAKOブランドは若い女性を中心にブームとなり事業は大成功。
その後も、レナウン社は順調に業績を上げていき、日本有数の服飾系企業としての地位を確固たるものにした。
佐和子は、社会的地位と財力を得ることになったが、
仕事のみをがむしゃらに追求してきた自身の生き様に疑問を感じるようになる。
そのことをきっかけに昔、果たせなかった夢――四郎を引き取ることを決意。
陸奥高富を介して、四郎との面接、そして引き取りを申し出ることになった。
容姿端麗、ナイスバディの持ち主で、デザイナーの仕事をしつつ、
一時は自分自身もモデルとしても活躍していた時期もあったほど。
かなりの楽天家で、あれこれと深く考えることなく、物事を勢いだけで乗り越えるタイプ。
悩む前にまずは行動を……が、彼女のモットー。
ただし、ビジネスに成功しているだけはあって、大胆な行動を見せつつも、
思慮深く事の推移を見て、的確に行動、判断する力を持ち合わせている。
死んでしまった姉――四郎の実の母のことが大好きで、非常に慕っていた。
そんな姉が、この世界に唯一、遺してくれた存在として、四郎は佐和子にとって特別な存在となっている。

●足柄 葉月 (CV:平山紗弥)
主人公のクラスメイトでショートカットがよく似合う快活な女の子。
主人公宅から非常に近い場所……道路を挟んで真向かいの家に済んでいて、四郎とは所謂、幼馴染みの関係。
同じく幼馴染みの関係で、部の先輩である舞のことを尊敬し、慕っている。
その舞から直々に水泳部の部長に推薦され、水泳部の部長に就任した。
勝ち気な性格と積極性で、自分なりに精一杯部長という重責を担っている。
泳ぎも非常でダイナミックで水泳部期待のホープだが、総合力ではまだまだ舞には及ばない状態。
そんな経緯から、舞のことを慕い尊敬はしているが、
同時に絶対に超えなくてはいけない壁であると思っている。
ただし、それが焦りになっている部分もあり、最近は伸び悩んでいる。
水泳で日々鍛えていることもあり、プロポーションもルックスも良いのだが、舞の存在の前に影に隠れがち。
四郎はそのことを理解していて、よく葉月をからかっている。
そんな主人公に対して葉月は美脚キックで反撃しているが、
それは照れ隠しから来る行為で、実際は満更でもないらしい。
四郎に多少なりとも好意を持っているらしく、舞に会いに四郎がプールに来る度に、
容赦の無いジェラシー攻撃をしかけてくる。

●藤堂 高美 (CV:岬友美)
四郎の家の近くにある古流の柔術を教える藤堂武道館の師範代。
腰を痛め、一線を離れることになった師範であり父親である無道にかわり、
道場で門下生の指導に当たっている。
堂々流はかなり格式ある古流柔術の宗家であり、高美自身、父であり無道から
一子相伝でその藤堂の極意を世襲されている。
父である無道が日向家の面倒を見ている縁もあり、四郎だけでなく、
桜とも仲が良く、桜の相談に乗ったり、乗ってもらったりする間柄となっている。
父、無道には及ばないとしながらも、相当な実力の持ち主で、
道場では師範代の名に恥じないだけの圧倒的な強さを誇っている。
故に試合形式の稽古の相手は、四郎以外では務まらない。
無道、高美と直々に鍛えられてきたこともあり、四郎は高美にはまったく頭が上がらない状態となっている。
護身の極みを掲げる藤堂流の流儀を頑なに守り続ける一方で、
武術の研究ということで、剣術なども習っていて、日々の鍛錬はかかさない。
ショートカットがよく似合う、凛々しい雰囲気を持った、所謂、かっこいい女性。
武術の腕前、そして凛々しい雰囲気から、男よりも女性からの人気が高く、
学生だった頃から相当数のラブレターを貰っていた……らしい。
もちろん男子からの人気も高く、多くの男性から交際を申し込まれたが、
今のところ、交際を受け入れたことはない。
そのせいか恋愛事には疎く、その手の話題になると途端に萎縮してしまう。
そんな高美を見て、苦笑する桜に、高美は――
『その手の話は勘弁してください。昔から、そういう話は苦手なんです』と頬を赤らめながら困惑している。

●高天 玲子 (CV:楠鈴音)
学生会副会長で舞の親友。
十河地方の名門、高天家の令嬢で日本を代表する世界的名家である霧島家の遠縁にあたる。
腰を超えるロングの髪の毛が特徴の絵に描いたような美しい女性。
ホンモノのお嬢様だが、とてもフランクな性格で、お嬢様ぶった態度や仕草を感じさせない。
悪戯好きで茶目っ気があり、生真面目な舞をよく弄って遊んでいる。
だが学力レベルは極めて高く、代々学園の学生会の会長は男子であるべしという理由から
副会長となっているが、実質的に学生会副会長である玲子が学生会を運営している。
男女の誰もが認めざる得ない美しい容姿の持ち主だが、
その出自、そして独特のオーラゆえか、言い寄ってくる男子は案外と少ない。
それでも年に何人かの男子が挑んでいったが、ことごとく丁寧にお断りをされ、予想通りに玉砕している。
舞とは一年の時に同じクラスになり、それ以後、ずっと仲良く行動を共にしている。
舞から四郎が本当の弟ではないことを教えられている数少ない人物の一人。
そして舞が四郎に異性として好意を抱いていることも知っている。
高天家から出奔した姉である明日香に代わり、父親である高天清四郎の期待に応えているものの、
本音は自由に生きている姉を羨ましく思っている。
しかし、姉妹としての仲は良好で、家を勘当され、絶縁状態となっている明日香と
今でもたまに顔を合わせ、話をしている。
親友の弟であり、好きな相手として、四郎を観察していたが、
姉である明日香の通じて、個人的に四郎と接することが多くなっていく。

●高天 明日香
玲子の姉で十河地方の名門、高天家の令嬢。
日本を代表する世界的大企業霧島の霧島家の遠縁にあたる血筋。
妹の玲子と同じく、腰を超える美しいロングの黒髪が人目を引く。
お嬢様的な存在である玲子と性格は真逆で、高天家のお嬢様とは到底思えない
ラフな雰囲気、そしてフランクな性格の持ち主。
口調などがやや刺々しく、玲子とは違った意味で取っつきにくい雰囲気を持っているが、
フランクな性格ゆえに、一度打ち解け合えば、気軽に話しかけてくれる。
また、姉御肌で面倒見が良い。
何をしても、そつのない玲子と違い家事は苦手で、日々コンビニ弁当で生活している有様。
妹の玲子と比べると、がさつに見えてしまうものの、本来持っている資質は非常に高く、
玲子曰く、天才と秀才の違いをまざまざと見せつけられるとのこと。
ただ、本人はその資質にほとんど興味はなく、高天家の長女としての資質を常に求めてくる
父、清四郎とは昔からことある毎に反発しあってきた。
そのような経緯から、清四郎の言うことには何もかも反発し、大学に進学することもなく、高天家を出奔。
現在はコンビニでバイトしながら、昭和臭が漂う古いアパートで一人暮らししている。
大学への進学もしなかったことが、清四郎の逆鱗に触れ、実質的に勘当状態。
高天家の人間とは、縁を切っているが、妹の玲子とは時々会って話をしている。
大型二輪を乗りこなし、腕っ節も強いラフガール。
その一方でメンタル部分では玲子よりも弱い部分が目立つ。
武術を嗜む父の影響から、幼い頃に空手、柔道、剣道などを習わされていたことから、
我流の喧嘩術ながら、その腕前は侮れない。
実際、端正な顔立ちや抜群のプロポーションゆえに、男に強引に言い寄られることも多々あったが、
全て返り討ちにしている。
また、正義感が非常に強く、理不尽に対しては、自ら積極的に喧嘩を売る傾向にある。
今の所、負け知らずだが、怪我をすることは何度もあり、妹の玲子をは姉の正義感を認めつつも、
口より先に手を出してしまうことを危険だと指摘、注意を促している。
男女問わず、仲が良い人物を全て友人として見て、接している。
反面、色恋沙汰は壊滅的ともいっていいほどダメダメで超がつくほどの奥手。
最高レベルのルックスとプロポーションを持っているにも関わらず、
家事ができないことや、がさつな部分など、自分が女性らしくないと心の中で決めつけている。
そのせいか、ガードが甘い部分が多々あり、四郎をひやひや&ドキドキさせることになる。

あねいも Neo ~Second Sisters~

あねいも Neo ~Second Sisters~
サイト 価格
(税込)
ポイント
デジケット 6,671円 971pt
Gyutto 6,995円 647pt
DL.Getchu 6,995円 350pt
DLsite 6,995円 194pt
DMM 6,995円 69pt
配信開始日
(登録日)
2013年2月21日
評価 平均 4.583 点 ( 275/60 )
作品形式 アドベンチャー
ブランド bootUP!
ジャンル 制服お姉さん巨乳巨乳/爆乳年上学校/学園恋愛学園水着巨乳・爆乳純愛女子校生姉妹義母着衣義妹むちむち義姉ラブラブ/あまあま同級生
シリーズ あねいも
原画 東雲一彦
シナリオ 長野ヒロユキ
声優 一色ヒカル楠鈴音木村あやか岬友美野神奈々遠野そよぎ葵海人平山紗弥J−一郎

本作品にユーザーの要望を可能な限り取り込み、大幅に拡張・強化された
「あねいも Neo+ ~Second Sisters~(VJ008395)」も販売しております。

あねいも Neo+ ~Second Sisters~
http://www.dlsite.com/pro/work/=/product_id/VJ008395.html

■□■ストーリー■□■
真面目で優等生。そして、しっかり者の姉——『舞』
いつもニコニコ、愛らしくて甘えん坊の妹——『七菜』

しかし、その姉妹と主人公である『四郎』の間に血の繋がりはない。
二人は今から7年前、両親をなくしたのをきっかけに出来た義理の姉妹だった。
突然出来た姉と妹——新しい家族に戸惑いを覚える四郎だったが、
姉妹と差別することなく本当の息子のように優しく、
包み込むように愛情を注いでくれる『桜』のおかげで、新しい家族にうち解けていく。

それから数年——
義理の父であった丈斗が事故死してしまう。
突然の不幸に呆然とする四郎、そして姉妹。
しかし、『桜』は家族の大黒柱を失ったにも関わらず、気丈に振る舞い、家族を支えていく。

そして現在——
血のつながりはないけれど、四郎は3人の母娘とお互いに助け合いながら家族としてずっと生活してきた。

幼い日に両親を失ってしまった四郎にとって、
今の生活はとても居心地のいい、なによりも幸せな時間だった。
そんな中、四郎は十河神社の神主を務める『陸奥高富』から、
自分を引き取りたいという人物——四郎の叔母『最上佐和子』を紹介される。

佐和子は四郎に自分の家に来ないか? と提案する。
そんな佐和子の提案に四郎は答えを保留する。

本音はひとつ、今の家族の元を別れたくない。
しかし、自分は本当にここ……日向家に居ていいのだろうか?
この居心地の良い時間に、ただ身を委ねるだけでいいのだろうか?
いつまでも母さんの世話になっているわけにもいかない。
そんな折りに、『桜』が四郎を大学へ入学させる為に、
土日にパートとして働こうとしていることを高富から聞かされる。

その話を聞いて四郎が出した答えはひとつ——
自分が佐和子の元に行くこと……。
何度も考え抜いた結果、四郎は日向家から自立することを決める。
そして、そのことを『桜』を始め、『舞』『七菜』たちに伝えるのだった。

四郎が家を出ていく。
家族でなくなる——
戸惑いを隠せない桜と舞。
そして猛反対し、泣きながら家を飛び出してしまう七菜。
七菜を追って説得するも七菜は譲らない。
困り果てた四郎の前に、偶然、その場に居合わせた佐和子が現れる。
佐和子はそのまま四郎に案内され日向家に赴き、3人に改めて事情を説明。

そして夏休み前まで自分の元に来るか、日向家に残るか——
よく考えて決断して欲しいと四郎に提案する。
ただ、ひとつ……自分を日向家で生活させて欲しいという条件を付けて。

いきなりの提案に戸惑うものの、他に選択肢があるわけもなく、
佐和子の提案を受け入れ、しばらくの間、一緒に生活することに……。

佐和子が呈示した期限は、夏休み開始までの約20日間——
その日をきっかけに、少しずつ、姉妹との関係に変化が現れてくる。
家族としての気持ちとは別の気持ち——
秘めていた想い——

3人の間で様々な気持ちが交錯する中、舞と七菜……姉妹との関係は少しずつ変化を迎えていき、そして——

家族愛から恋へ——
恋から愛へ——

恋愛物語の末に、ようやく掴むことは出来た『彼女』との新しい絆。
それは、今までとは全く違う形へと変化……いや、進化していく。

姉でも妹でもない。
生涯を誓う合うパートナーとなった『彼女』と、互いの想い、存在を確かめ合うように、
毎日のように身体を重ね、求め合い、情熱的に愛し合う。

『あなたのことが大好きだから、どんなことでもしてあげられる』

無限大の愛と欲望——
LOVEエロの起源である「あねいも」シリーズ最新作が満をきたして、ここに誕生!!

■□■登場キャラクター■□■
●日向舞 (CV:遠野そよぎ)
主人公の義姉で八鐘学園3年生。
成績は常に学年でベスト3に入るレベルで、水泳部でもエースとして活躍していた。
生真面目な所があり、微妙に近寄りがたい雰囲気を醸し出しているが、
根はとても優しく面倒見の良い性格をしている。
人望も高く、水泳部部に所属していた時は副部長として活躍していた。
面倒見の良い性格なので引退してからも後輩指導を兼ねて、放課後は水泳部に顔を出している。
男子からの人気は抜群であるが、恋愛ごとはかなり苦手であり、ついつい身構えた態度を取ってしまう。
義弟である主人公の前では、本来の自分で接することが出来ている。
美人で有名な学生会副会長である玲子とは親友同士の間柄で、
後輩で現水泳部部長の葉月と合わせ、男子達は八鐘学園スーパー美人トリオと呼んでいる。
その中でも舞の人気は高い。反面、高嶺の花的な存在でもあり、一定の距離を置かれてしまっている。
妹である七菜とは仲が良く、普段から世話を焼いたりして可愛がっている。
しかし、いかにも可愛い女の子といった感じでぽっちゃりしていて、
かつ男子学生の誰もが羨む巨乳の誇る七菜に対して、内心では密かにコンプレックスを抱いている。
だが、舞本人も水泳部で鍛えられたプロポーションは抜群で、
胸のサイズもDと十分すぎるものだが、本人がそのことを良いことだと自覚してはいない。
天真爛漫に主人公に懐いている七菜を見て、生真面目な性格の自分には出来ないこと、
と羨ましく思っていたりもする。
十河神社で週末は巫女さんとしてお手伝い(アルバイト)をしている。

「四朗ちゃんは、私と七菜にとって正義のヒーローみたいなものなの」

●日向七菜 (CV:木村あやか)
主人公の義妹で八鐘学園1年生。
天真爛漫、ちょっとだけのんびり屋さんな性格。
どんな時も笑顔を絶やさず、ニコニコしていてとても可愛らしい女の子。
反面、童顔に似合わないグラマラスな身体……特にサイズ90を超えている巨乳は目立ちまくりで、
一部の男子学生には大人気である。
しかし、七菜本人は、スタイル抜群の姉に対して、ぽっちゃり気味の自身の体型を結構気にしている。
とはいえ、育ち盛りということもあり食欲は旺盛で、甘い物には特に目が無い。
幼い頃から主人公である四郎のことを兄として慕い、甘え、そして頼ってきた。
それは今も変わることなく、家はもちろん、八鐘学園の中でも人目もはばからず甘えてくる。
七菜に甘えられることは嬉しいが、発育が良すぎるその身体には四郎も少々……いや、かなり困っている様子。
七菜自身、かなりの無防備で家の中では平気で下着姿でいたり、
場合によっては風呂から裸のまま出てくることもある。
その点に関しては、さすがに慎みがないと姉である舞によく叱られている。
ちなみに姉である舞との仲は極めて良好で慕っている。
母の桜や姉の舞に頼ってきたこともあり、家事関係は大の苦手だったが、
最近は何か思うことがあるのか、料理に興味を示し、舞と一緒に仲良く料理を作っている様子が見受けられる。
本を読んだり、自身で物語を考え執筆したりするのが好きで、学園でも文芸部に所属している。

「お兄ちゃんは七菜の嫁じゃなくて旦那さんなんだも~ん」

●日向桜 (CV:一色ヒカル)
舞と七菜の母親で、主人公の義母に当たる女性。
おっとりした性格だが、芯はとても強く、大和撫子の鏡のような存在。
優しく母性に溢れた性格で、自分の娘と全く同じように四郎に対して『母親』として接している。
彼女の何もかも包み込んでくれるような温かな優しさの前に、
新しい家族に戸惑いを感じていた四郎も心を開き、桜のことを『母さん』と呼ぶようになった。
年齢を感じさせないほど若作りで、20歳台半ば……主人公の姉に思われることも多々あるほどである。
実際、主人公達への接し方も母親というよりもお姉さん的な所もあり、
母親でありながらも頼れる年上のお姉さんといった雰囲気を持っている。
18歳で結婚、19歳の時に舞を出産した。その後、2年後に七菜を出産する。
そんな中、兄である陸奥高富を通じ、両親を亡くし、行く当てのない四郎を預かることになる。
四郎を加えた新しい家族での生活で幸せいっぱいの日向家だったが、不意の事故で夫を亡くしてしまう。
しかし、桜は突然の不幸にも心折れることなく、日向家を支えていく。
二人の娘はもちろん四郎のことを、心から大切に思っていて、
舞と七菜、そして四郎が幸せになることを願っている。
しかし、自分一人の収入だけで3人の子供を育てるのはなかなか大変で、
兄である高富の支援を得て何とか家計を支えているような状態。

「歳なんて関係ないわ。四朗がいくつになっても母さんにとって、四朗は四朗……可愛い息子なんだから」

●最上佐和子 (CV:野神奈々)
四郎の母である古鷹(最上)理恵子のの妹で四郎の叔母にあたる。
甥っ子である四郎とは当然、面識があり、幼い頃から気に入っていた。
そんなことから7年前、四郎の両親が死亡した際には、学生の身分ながら四郎の受け入れを前向きに検討するも、
両親ならびに親戚の猛反対にあってその願いは叶わなかった。
大学卒業後、実家を出て有名デザイナー会社に就職。
その後、自らデザインスタジオを起こし、SAWAKOブランドを確立。
SAWAKOブランドは若い女性を中心にブームとなり事業として大成功を収め、社会的地位と財力を得た。
そのことをきっかけに昔、果たせなかった夢——四郎を引き取ることを決意。
現在、陸奥高富を介して、四郎との面接、そして引き取りを申し出た。
その容姿は端麗の一言で、ナイスバディの持ち主。
そのため、デザイナーの仕事をしつつ、一時は自分自身もモデルとしても活躍していた時期もあった。
かなりの楽天家で、あれこれと深く考えることなく、物事を勢いだけで乗り越えるタイプ。
悩むよりもまずは行動……が、彼女のモットー。
ビジネスに成功しているだけはあり、大胆に行動する一方で、
思慮深く事の推移を見守るという慎重さを持ち合わせている。
大好きだった姉がこの世界に唯一、遺してくれた存在として、
四郎は佐和子にとって特別な存在となっている。

「ふふ、そんなに構えないで。別に取って食べたりしないから。それとも、もしかして緊張しちゃってる?」

ふたあねHs ~若葉とあやめのLOVEエロ物語~

ふたあねHs ~若葉とあやめのLOVEエロ物語~
サイト 価格
(税込)
ポイント
Gyutto 4,800円 444pt
DL.Getchu 4,800円 240pt
DLsite 4,800円 133pt
DMM 4,800円 48pt
デジケット 4,937円 685pt

若葉 or あやめ
美琴&春奈のふたあねではなく、若葉orあやめ、どちらかと結ばれていたとしたら?
とってもあまあまで、エロエロなアフターLOVEエロストーリー!!

■□■ストーリー■□■
●若葉編『若草色の未来』
夏休み直前、若葉から交際を申し込まれた優一は、
屈曲紆余の果てに、自ら若葉に直接交際を申し込み、二人は正式に交際するようになった。

部活の練習を続けながら、優一との甘い毎日を過ごしていく若葉だったが、
夏休みも終盤にさしかかったある日、若葉は夏休みの課題が全然出来ていないことに気がつく。
大大慌て課題に取り組み若葉と鬼コーチ役を買ってでた優一。
若葉の家で猛勉強に取り組む二人だったが、早速若葉が勉強に飽きてしまい……。
休憩が必要とすかさず優一に対して、胸チラで誘惑——
若葉の積極的な誘惑に、優一は我慢できずに……。
若葉に課題の指導をしつつ、エッチしまくり毎日。

そして、いよいよ新学期に入り、授業が始まる。
優一の助けもあり、若葉は休み明けの小テストを何とかクリア。
そして陸上の秋季大会を迎える。

みんなの熱い応援の中、日頃の練習の成果をいかんなく発揮し、
若葉は大会新記録を樹立し優勝。一躍、学園の有名人に……。
もともと男子から人気があったのも拍車をかけ、男子、女子問わずに一気に注目の人物になってしまう。
優一が若葉と交際していることは学園でも公認だったが、
それが災いし、似合ってない、もったいない等の陰口を一部学生から叩かれるになってしまう。
目標を持って常に努力し結果を出し、輝いている若葉。それに比べ何もない自分。
確かに自分と若葉は釣り合ってないかもしれない……。
優一は自身と若葉との間に、微妙な距離感を感じてしまう。
優一の自分に対する微妙な心の変化を感じ取った若葉は、戸惑い不安を感じ始める。
若葉との間に出来てしまった心の壁。若葉と優一の二人の恋の行方は……?

●あやめ編『婚約 to 新婚 ~子作り夫婦~』
あやめの不妊症という事実を全面的に受け入れ、晴れて交際することになった主人公、優一。
夏休み中盤から終わりにかけて、ほぼ毎日のようにあやめのマンションに足を運び、
身体を重ねて、あやめを心から愛し、その胎内に愛情の籠もった種を注ぎ込んでいく。
夏休みが終わった後も、あやめの家に通い、毎晩のようにあやめと身体を重ねる毎日……。
早くあやめさんを妊娠させて、安心させてあげたい——
そんな優一の願いも空しく、あやめは妊娠してくれなかった。
なかなか妊娠してくれないあやめに内心焦りを感じつつも、
優一は決して諦めることなくあやめを励まし、子作りをひたすらに続行。
季節は巡り、学園を卒業し就職した優一は、
あやめに正式にプロポーズ……二人は正式に夫婦となる。

そして数ヶ月——
諦めない気持ち、あやめに対する強い愛情が奇跡を呼び込み、
あやめは優一の子供をその胎内に身籠もることに成功する。
心から喜び、そして安堵する優一とあやめの二人。
日々大きくなっていくお腹に自分が身籠もったことを自覚し、
これ以上ないほどの幸せを実感するあやめ。
身重な身体にも関わらず、あやめは愛する優一の為と、身体を重ねていく。

そんな毎日を繰り返す中、あやめの胎内で優一の子供は順調に育ち出産に時を迎える。
心配する優一だったが、あやめは頑張り、待望の第一子を優一との間に設けることが出来た。
産まれたばかりの赤ん坊を二人は愛情を注いで育てつつも、あやめと優一は新たな命。

二人目の子供の誕生を目ざし、激しく交尾を繰り返していくのだった……。

■□■登場キャラクター■□■
●高千穂若葉 (CV:有栖川みや美)
主人公のクラスメイト。
ボーイッシュな雰囲気を持った日本人の父とイギリス人の母親を持つハーフ。
その美しい金髪と抜群のスタイルは学園でも一際目立っているが、
本人はそういう部分で目立つことをあまり快く思っていない。
元気が良く活発な性格で学園でも男女問わずに人気があり、誰とでも気軽に話すことができるタイプ。
入学当初はその容姿のおかげで、クラスメイトから距離を置かれていて、
クラス……というよりも学校に馴染めないでいたが、
優一との交流をきっかえにクラスに溶け込むことができた。
運動神経は抜群で学園では陸上部に所属していて走り高飛びの選手として活躍している。
ただし勉強はかなり苦手らしく、補習授業の常連となってしまっている。
体育会系少女ながらも家庭的な一面も強く、料理はかなり得意で、
最近では大好きな優一の為に、毎日早起きして健気に手作りお弁当を作ってあげている。
夏休み前に優一の好きだという想いを告白し、お試し期間ということで二人は付き合うことになった。
そして屈曲紆余の果て、優一から恋人として付き合いたいと言われ、
二人は仮ではなく正式に交際することとなった。

●藤枝あやめ (CV:遠野そよぎ)
お隣に引っ越してきた元人妻。
長く美しい黒髪が目立つ和風美人。
学園卒業後、大学に進学することなく結婚したが、家庭を顧みない夫との間に距離が開く。
さらに不妊症がだめ押しとなり旦那とは離婚してしまった元人妻。
美琴と春奈の中学から美空学園時代の先輩で二人とは旧知の間柄で仲も非常に良かった。
奥ゆかしく、献身的な性格で、他人を思いやり、尽くすのが得意。
反面、物事に消極的な一面もあり、物事をあれこれ考えすぎてストレスを溜め込むタイプでもある。
そのせいか人付き合いは苦手で友人もあまり多くない。
あれこれと優一に世話を焼いてもらった結果、恋心が芽生えてしまい、
ある日、ふとした偶然から優一と身体を重ね合ってしまう。
その後、互いに気持ちをハッキリさせないまま、関係を続けてしまうが、
ダラダラとした関係を嫌った優一から想いを告白され、交際を申し込まれる。
しかし、あやめは自分が不妊症を患っていることを告げ、優一との交際を拒否。
それでも諦めきれずにアタックし続ける優一。
そんな優一の強い想いが伝わり、あやめは優一を受け入れ二人は正式に交際することになった。
恋人同士になった以降は、毎日のようにあやめの部屋を訪れ、
愛の営み……子作りに励んでいる毎日を送っている。

●浅倉柚子 (CV:北都南)
主人公のクラスメイトで、若葉の親友。
口数が少なく、教室でも一人でいることが多い。
学園入学当時から周囲に無関心で一人でいることが多かったが、
主人公に声をかけられてから共に行動することが多くなる。
そして、それがきっかけで若葉と知り合い、以後、若葉とは親友として付き合っていくことになる。
人付き合いがあまりなく話しにくそうな印象を受けるが、話しかければきちんと答えてくれる。
ただし、それは本人的に気に入った人間のみで
眼中にない人の言葉は耳に入らないらしい(というか聞こえないふりをしているらしい)。
親友である若葉の恋の応援をしていて、ブラックバードという偵察用のカラスを使役し、
主人公に関しての情報収集を行っている。
シスコン気味の主人公に対して、批判的であり、時には厳しい言葉をかけることもあった。
若葉と優一が正式に交際することになった以降、
とある事件をきっかけに人間の恋愛感情に強い興味を持ち始め、優一を利用して恋愛感情の研究を開始する。

ふたあね DLセット

ふたあね DLセット
サイト 価格
(税込)
ポイント
Gyutto 8,800円 814pt
DL.Getchu 8,800円 440pt
DLsite 8,800円 244pt
DMM 8,800円 88pt
デジケット 9,051円 1,257pt

注意:
(VJ005319)「FUTA・ANE ~ふたあね~ bitter&sweet」
(VJ007123)「ふたあねHs~若葉とあやめのLOVEエロ物語~」
と内容の重複があります。

「FUTA・ANE ~ふたあね~ bitter&sweet」と
「ふたあねHs~若葉とあやめのLOVEエロ物語~」をセットにしたお得なセットです!
ふたあねワールドをいっぺんに堪能したい方は、こちらをオススメします!!

■ストーリー
●FUTA・ANE ~ふたあね~ bitter&sweet
双子の姉『美琴』と『春奈』と共に暮らす主人公——『山城優一』。
数年前、突然の事故で両親を失い互いに引き裂かれる運命にあった。
しかし、叔母である二条出雲が助け船を出し、3人はそのまま両親の住んでいた家で生活を続けることになる。

優しく、そして時には厳しく、まるで母親のように身の回りの世話をしてくれる『美琴』。
がさつで素直じゃない所があるけれど、何だかんだで優一を助けてくれる面倒見のいい『春奈』。

両親のいない生活にあれやこれやと苦労をしながらも、大好きな姉二人との生活を送る優一。
そして両親が亡くなってから数年の月日が流れ、学園に入って二年目の夏休みが訪れた——
今年も去年と同じように退屈で暑い日々が繰り返される。
そう思っていた矢先、思いがけない出来事が優一に起こる。

『ねえ、優一……その、あたしと……付き合ってみない?』

夏休みが始まりと同時にクラスメイトの若葉から突然の告白され、交際を迫られたのだ。
若葉の事は嫌いじゃない。
むしろ好きだ。けど——
二人の姉——美琴と春奈に対して不思議と後ろめたさを感じつつも、揺れる優一の心。
悩んだあげく、優一は何かを吹っ切るように若葉との交際を決意する。
そして翌日——優一はそのことを若葉に伝える。胸の奧にモヤモヤとしたものを抱えたまま……。
モヤモヤとした気持ちの正体——それは二人の姉に対する禁断の想いだった。
だが、そんな優一の想いを断ち切るかのように、若葉は積極的な行動に出る。

『あたしが優一に告白して……OKして貰ったんです。
だから……あたし達、恋人……っていうには、まだまだだけど、交際することになったんです!』

若葉は二人の姉の前で堂々と交際宣言し、その証拠とばかりにキスをして見せたのだ。
あっけにとられる美琴と春奈。
そんな二人を横目に大胆に口づけを繰り返す若葉。
驚き、困惑、寂しさ、そして悲しみ——
複雑な色を見せるみこ姉と春姉の瞳を横目に見ながら——
自分の心の奥にあった『気持ち』が——
そして、停滞していた『時間』が——前に向かって確実に動き始めるのを、優一は確かに感じていた。

夏休みを通して、恋人として優一が選んだパートナーは——
若葉? 美琴? 春奈? それとも別の誰かなのか?

『びたー&すいーと』

少しだけほろ苦くて、とっても甘い全五章で綴られるLOVEエロ物語が今始まりを告げる。

●ふたあねHs~若葉とあやめのLOVEエロ物語~
ふたあね以外もどうですか?

もしも、美琴&春奈ではなく、あやめor若葉のどちらかをパートナーとして選んでいたら?
あやめ&若葉──どちらかを恋人として選んでいた場合のその後を描いたアフターLOVEエロAVG!!

ふたあね DLセット+あねいも2 DLセット

ふたあね DLセット+あねいも2 DLセット
サイト 価格
(税込)
ポイント
Gyutto 16,000円 1,481pt
DL.Getchu 16,000円 800pt
DLsite 16,000円 444pt
DMM 16,000円 160pt
デジケット 16,252円 2,257pt

注意:
(VJ004517)「あねいも2~Second Stage~」
(VJ004518)「あねいも2H's」
(VJ004519)「あねいも2・いもいもFD~皐月&唯のLOVEエロプチ旅行編~」
(VJ004520)「あねいも2 DLセット」
(VJ005319)「FUTA・ANE ~ふたあね~ bitter&sweet」
(VJ007123)「ふたあねHs~若葉とあやめのLOVEエロ物語~」
(VJ007124)「ふたあね DLセット」
と内容の重複があります。

姉妹LOVEエロADV×2「あねいも2」とそのファンディスク「あねいも2H's」「あねいも2・いもいもFD」、
さらに双姉とLOVEエロしちゃうAVG「ふたあね」とファンディスク「ふたあねHs」が収録された
お得なセットが登場!!

■あねいも2
小野寺拓己(主人公)の家の隣には幼なじみの霧島深月、皐月の姉妹が住んでいる。
三人は小さいころからずっと一緒だった。一緒に買い物に行ったり、スキーをしたり……。
そんな毎日がずっと続くかと思われた12月のある日、彼らの関係を揺るがすような事件が起こる。

拓己の父・和義が、新しい家族として白川沙織と唯の姉妹を家に招いたのだ。
突然姉と妹だと言われても事態の飲み込めない拓己、そんな小野寺家の面々を否定する沙織、
そしてお兄ちゃんが出来たと拓己に甘えてくる唯。
最初は戸惑った拓己だが、持ち前の明るさで何とか乗り切ると、
心を閉ざしていた沙織も少しずつ打ち解けていくようになる。
この変化に、深月は不思議と焦りを感じ始め、拓己に対して積極的な行動に出る。
そんな姉の行動に、皐月も拓己を意識し始めるようになり……。

もうすぐやってくる冬休み。二組の姉妹と拓己の関係はどこへ向かうのだろうか?

■FUTA・ANE ~ふたあね~ bitter&sweet
双子の姉『美琴』と『春奈』と共に暮らす主人公――『山城優一』。
数年前、突然の事故で両親を失い互いに引き裂かれる運命にあった。
しかし、叔母である二条出雲が助け船を出し、3人はそのまま両親の住んでいた家で生活を続けることになる。

優しく、そして時には厳しく、まるで母親のように身の回りの世話をしてくれる『美琴』。
がさつで素直じゃない所があるけれど、何だかんだで優一を助けてくれる面倒見のいい『春奈』。

両親のいない生活にあれやこれやと苦労をしながらも、大好きな姉二人との生活を送る優一。
そして両親が亡くなってから数年の月日が流れ、学園に入って二年目の夏休みが訪れた――
今年も去年と同じように退屈で暑い日々が繰り返される。
そう思っていた矢先、思いがけない出来事が優一に起こる。

『ねえ、優一……その、あたしと……付き合ってみない?』

夏休みが始まりと同時にクラスメイトの若葉から突然の告白され、交際を迫られたのだ。
若葉の事は嫌いじゃない。
むしろ好きだ。けど――
二人の姉――美琴と春奈に対して不思議と後ろめたさを感じつつも、揺れる優一の心。
悩んだあげく、優一は何かを吹っ切るように若葉との交際を決意する。
そして翌日――優一はそのことを若葉に伝える。胸の奧にモヤモヤとしたものを抱えたまま……。
モヤモヤとした気持ちの正体――それは二人の姉に対する禁断の想いだった。
だが、そんな優一の想いを断ち切るかのように、若葉は積極的な行動に出る。

『あたしが優一に告白して……OKして貰ったんです。
だから……あたし達、恋人……っていうには、まだまだだけど、交際することになったんです!』

若葉は二人の姉の前で堂々と交際宣言し、その証拠とばかりにキスをして見せたのだ。
あっけにとられる美琴と春奈。
そんな二人を横目に大胆に口づけを繰り返す若葉。
驚き、困惑、寂しさ、そして悲しみ――
複雑な色を見せるみこ姉と春姉の瞳を横目に見ながら――
自分の心の奥にあった『気持ち』が――
そして、停滞していた『時間』が――前に向かって確実に動き始めるのを、優一は確かに感じていた。

夏休みを通して、恋人として優一が選んだパートナーは――
若葉? 美琴? 春奈? それとも別の誰かなのか?

『びたー&すいーと』

少しだけほろ苦くて、とっても甘い全五章で綴られるLOVEエロ物語が今始まりを告げる。

とらバ!

とらバ!
サイト 価格
(税込)
ポイント
デジケット 7,153円 1,041pt
Gyutto 7,500円 694pt
DL.Getchu 7,500円 375pt
DLsite 7,500円 208pt
DMM 7,500円 75pt

■□■ストーリー■□■
留守がちの両親に変わって、
幼い頃から主人公の面倒を見てくれたお隣に住む未亡人『香住恋』。
その娘で、仲の良い兄妹のように育った幼馴染みの『香住愛』。
そんな香住母娘と、本当の家族のような関係を続けてきた主人公『今村駿介』だったが、
急遽持ち上がった恋の見合い話をきっかけにして、事態は急転直下を告げる。

幼い頃から抱いてきた恋への恋愛感情を告白し、ついに恋と結ばれる駿介。
ところがその場面を目撃してしまった愛は、
自身も子供の頃から駿介に対して寄せていた気持ちを告白し、
その想いの強さにうたれた駿介は、その日のうちに愛とも結ばれてしまう。

そして、直後から始まる香住母娘からの誘惑攻勢。
手作りのお弁当や、デートのお誘い、はてはエッチな誘惑まで、
駿介は自分に想いを寄せてくれるふたりの女性に振り回されていく。

変わっていく駿介と香住母娘の関係。
しかし、それはともにかけがえのない存在である恋と愛のどちらかを
選ばなくてはいけないという、駿介にとって避けることの出来ない究極の選択を意味していた。

好きなのは───恋? それとも愛? 交錯する想い果てに、駿介の選んだ未来とは?

■□■登場キャラクター■□■
●香住恋 (CV:かわしまりの)
身長:158cm、スリーサイズ:B95/W60/H89

主人公の自宅の隣に住んでいる未亡人で、香住愛の母親。
両親の反対を押し切る形で、若くして娘である愛を出産するも、
その後すぐに夫を亡くしてしまい、
以来、地元の商店街などで働きながらひとり娘を育ててきた。
海外出張でよく家を留守にしている主人公の両親にかわって、
彼の面倒を見ることが多い。頼れる大人の女性。
基本的にマイペースで人当たりが良く、のんびりとした穏やかな性格。
しかし根本の部分では非常に頑固で意思の強い面も持っており、
ときに周囲を驚かせるような突飛な行動に出ることもある。
年頃の娘を持つ母親にはとても見えないほど、若々しく綺麗な容姿をしている。
そのうえ性格も良く未亡人、ということで地元商店街では
アイドルのような存在であり、求婚者が後を絶たない。
特技は料理と買い物、オリジナルの鼻歌作り。
苦手なものは虫と、人の頼みを断ること。

●香住愛 (CV:藤森ゆき奈)
身長:162cm、スリーサイズ:B86/W55/H81

主人公の自宅の隣に住んでいる、幼馴染。香住恋のひとり娘。
お隣さんであり、ともにひとりっ子である主人公とは、
幼い頃から兄妹のように育ってきた。
父親の死の影響もあり、小さい頃には暗く落ち込んでいることも多かったが、
主人公が川で溺れた事件をきっかけに変わり、
以来、男子などに積極的に混じって遊ぶことも多くなった。
その頃の経験が、現在でも異性に対して壁を作ることのない性格にあらわれている。
女手ひとつで自分を育ててくれた母親、恋との絆は非常に深い。
おっとりした性格の母、恋とは逆に、非常に快活で活動的な性格をしている。
勉強やスポーツなど、どんなことにでも常に本気で、優秀な成績を残している。
その容姿と相まって学園内ではアイドル的な存在であり、男女を問わず人気がある。
部活動では水泳部に所属しており、
県の強化認定選手に選ばれるほどの成績を収めている。

●駆流田みなと (CV:桜川未央)
身長:164cm、スリーサイズ:B82/W53/H81

主人公、および香住愛の「私立山神学園」入学時からの親友。
「霧島重工」の研究員として働いている両親の影響から、
理工学系の分野について大人顔負けの知識を持つ、天才肌の女の子。
見た目はグラビアアイドル並みの美人で、本人もそのことには自覚的に振舞う。
しかし多趣味すぎることもあって異性にはたいして興味を持っておらず、
せいぜい異性の親友である主人公をからかう程度である。
現在は愛と同じ水泳部に所属しながら、
「ひとり写真同好会」を名乗って独自に活動をしたり、
愛車の自転車を魔改造したりと、彼女なりに充実しきった毎日を送っている。
好奇心が旺盛で、とにかく面白いことが大好き。
その実践のために色々と無茶なことをするため、
主人公や愛たちの平穏な学園生活は常に彼女によっておびやかされている。
さばさばとした性格で、年齢性別の分け隔てなく人に接することができる。
話し上手にして聞き上手。

●山下朱莉 (CV:みる)
身長:144cm、スリーサイズ:B73/W50/H74

主人公の親友である山下輝(友人)の、2歳年下の妹。
5年ほど前に家族とともに「山神町」へと引っ越してきて、
その直後に主人公や香住愛たちと知り合う。
生まれつき呼吸器系が弱く、幼い頃や、引っ越してきた直後には
ずっと病院への入退院を繰り返していた。
ただし、現在では愛とともに水泳の練習をするなどして体質改善を重ね、
病気の症状が出ることはほとんどなくなっている。
2歳という年齢差のためにこれまで主人公たちと同じ学園に通うことはなかったが、
この春から、晴れて同じ「私立山神学園」の1年生として主人公や愛、
兄の輝とともに通学をすることになった。
身体の弱い自分へのコンプレックスから、内向的で臆病な性格をしていたが、
主人公らと出会い、その後の経験を通じて最低限の社交性は身につけている。
それでもまだ赤の他人と話すことは苦手であり、
生来の無口さも手伝って彼女と親しくない者の目には暗い性格と映ることも多い。

●東條姫乃 (CV:遠野そよぎ)
身長:155cm、スリーサイズ:B90/W61/H89

主人公、および香住愛のクラスメイト。
主人公たちとは1年時、2年時と別クラスであったためほとんど関わることはなかったが、
駆流田みなととは住んでいる家も近く、学園入学以前から親友の間柄だった。
生来の読書好きがこうじて、学園では1年時からずっと図書委員をしている。
3年になり主人公や愛と同じクラスとなった後は、
主人公と一緒にクラス委員としての仕事もすることになる。
物事の道理やモラルを重視しており、生真面目で融通の利かない性格。
頭は良いが価値観の幅が狭く、自分の意見はきちんと主張するタイプなため、
他人に対してはやや押し付けがましい面がある。
一方で好いた相手(これは同性、異性を問わず)には甘い一面があり、
自分とはまったく正反対な親友のみなとの性格についても、内心では羨ましいとさえ思っている。
自分の胸が同世代の女性徒に比べて大きいことに対してコンプレックスを抱いており、
もとより性的な話題が苦手であることも相まって、
エッチなこと全般にかなりの読書家であり、想像力が豊かで感性も優れている反面、
思い込みが激しかったり、また運命を信じてしまったりもするタイプ。

FUTA・ANE ~ふたあね~ bitter&sweet

FUTA・ANE ~ふたあね~ bitter&sweet
サイト 価格
(税込)
ポイント
Gyutto 6,800円 629pt
DL.Getchu 6,800円 340pt
DLsite 6,800円 188pt
DMM 6,800円 68pt
デジケット 6,994円 971pt
配信開始日
(登録日)
2010年10月1日
評価 平均 4.122 点 ( 169/41 )
作品形式 アドベンチャー
ブランド bootUP!
ジャンル お姉さん巨乳巨乳/爆乳年上学校/学園恋愛学園コスプレフェラチオ人妻巨乳・爆乳双子姉・妹3P・4Pパイズリ和かんアナル姉妹未亡人ハーレム近親愛同居和姦同級生
シリーズ ふたあね
原画 東雲一彦
シナリオ 長野ヒロユキ
声優 北都南みる本山美奈木村あやか岬友美松永雪希遠野そよぎ葵海人
音楽 I've SOUND一色由比井内舞子

■ストーリー
双子の姉『美琴』と『春奈』と共に暮らす主人公——『山城優一』。
数年前、突然の事故で両親を失い互いに引き裂かれる運命にあった。
しかし、叔母である二条出雲が助け船を出し、3人はそのまま両親の住んでいた家で生活を続けることになる。

優しく、そして時には厳しく、まるで母親のように身の回りの世話をしてくれる『美琴』。
がさつで素直じゃない所があるけれど、何だかんだで優一を助けてくれる面倒見のいい『春奈』。

両親のいない生活にあれやこれやと苦労をしながらも、大好きな姉二人との生活を送る優一。
そして両親が亡くなってから数年の月日が流れ、学園に入って二年目の夏休みが訪れた——
今年も去年と同じように退屈で暑い日々が繰り返される。
そう思っていた矢先、思いがけない出来事が優一に起こる。

『ねえ、優一……その、あたしと……付き合ってみない?』

夏休みが始まりと同時にクラスメイトの若葉から突然の告白され、交際を迫られたのだ。
若葉の事は嫌いじゃない。
むしろ好きだ。けど——
二人の姉——美琴と春奈に対して不思議と後ろめたさを感じつつも、揺れる優一の心。
悩んだあげく、優一は何かを吹っ切るように若葉との交際を決意する。
そして翌日——優一はそのことを若葉に伝える。胸の奧にモヤモヤとしたものを抱えたまま……。
モヤモヤとした気持ちの正体——それは二人の姉に対する禁断の想いだった。
だが、そんな優一の想いを断ち切るかのように、若葉は積極的な行動に出る。

『あたしが優一に告白して……OKして貰ったんです。
だから……あたし達、恋人……っていうには、まだまだだけど、交際することになったんです!』

若葉は二人の姉の前で堂々と交際宣言し、その証拠とばかりにキスをして見せたのだ。
あっけにとられる美琴と春奈。
そんな二人を横目に大胆に口づけを繰り返す若葉。
驚き、困惑、寂しさ、そして悲しみ——
複雑な色を見せるみこ姉と春姉の瞳を横目に見ながら——
自分の心の奥にあった『気持ち』が——
そして、停滞していた『時間』が——前に向かって確実に動き始めるのを、優一は確かに感じていた。

夏休みを通して、恋人として優一が選んだパートナーは——
若葉? 美琴? 春奈? それとも別の誰かなのか?

『びたー&すいーと』

少しだけほろ苦くて、とっても甘い全五章で綴られるLOVEエロ物語が今始まりを告げる。

■登場キャラクター
●山城 美琴(やましろ みこと)
CV:木村あやか

『あら、おはよう、優くん。うふふ、大きなあくび……もしかして寝不足?』

主人公の姉で、春奈の双子の姉。
とても面倒見が良いしっかりとした性格で、すでに他界してしまっている両親に変わって
家事を中心に春奈と優一の面倒を見ている。
家事は得意中の得意。
努力家で、何事にも一生懸命。
ただし機械との相性は最悪らしく、かなりの機械オンチ。
弟である優一のことは、とても大切に思っていて、
時には厳しく、そして優しく、姉として何かと世話を焼いている。
いつも笑顔を絶やさない穏和な人柄だが、時々、思いも寄らぬ大胆な行動を取ることも多い。
さらに起こらせるとやっかいな性格で、ニコニコしながら怒気を発することで、
優一や春奈を震え上がらせることもしばしば。
また、あまり面には出さないが、妹の春奈に負けないくらいヤキモチ焼きだったりする。
美空学園を卒業後、大学に進学せずに家事に専念。
家計を少しでも楽にしようと、昼間を中心にパートとして働いていたこともあるが
身体を壊したことが原因でそれ以降は家事に専念して両親から受け継いだ家を守っている。
大学も行かずに、母親代わりとして家事の面倒を見ている美琴を春奈と優一は気遣っているが、
本人はそんなことまったく気にした様子もなく、笑顔で毎日を過ごしている。

●山城 春奈(やましろ はるな)
CV:本山美奈

『も~う、なにやってるのよ。ほら、ここ、口元にご飯粒がついてるわよ? たく、子供みたいなんだから』

主人公の姉で、美琴とは双子の妹。
美空学園卒業後、姉である美琴の強い進めもあり大学に進学した。
現在、千原大学の2年生。
双子とはいえ二卵性のためか、性格はかなり違って
大人しく控えめな雰囲気の美琴とはうって変わって非常に活発で、さばさばとしている。
社交上手で交友関係も広いが、ややシャイな部分があり、愛情を素直に表現できない所がある。
特に弟である優一には、ついつい意地悪な言動や暴力的な行動を取ったりしてしまうが、
本当は姉に負けないくらい優一のことを大切に思っており、
何だかんだで優一の面倒を見たり、助けたりしている。
昔から恋愛ごとには苦手意識があるらしく、男性との交際歴は皆無で、恋愛アレルギー気味。
家事関係は姉に任せきりのせいか、料理はもちろんのこと、掃除洗濯ともに苦手。
そんなこともあり姉の美琴には頭が上がらない。
また、大学に進まずに一人で家庭の面倒を見ている美琴に負い目に感じている部分もあり、
姉の助けになればと、船上レストランでアルバイトをしている。
かなり大雑把かつ無防備な所があり、家の中で下着姿&風呂上がりに
バスタオル一枚姿で歩き回ったりしている。
そのたびに慎みが足りないと弟の優一に注意されるが、本人に直す気は毛頭ないらしい。

●藤枝あやめ(ふじえだ あやめ)
CV:遠野そよぎ

『あの、本当にありがとうございました。その……優一さんがすぐ側にいてくれてよかったです……』

お隣に引っ越してきた元人妻。
長く美しい黒髪が目立つ和風美人。
学園卒業後、大学に進学することなく結婚したが、家庭を顧みない夫との間に距離が開く。
さらに不妊症がだめ押しとなり旦那とは離婚してしまった元人妻。
美琴と春奈の中学から美空学園時代の先輩で二人とは旧知の間柄で仲も非常に良かった。
奥ゆかしく、献身的な性格で、他人を思いやり、尽くすのが得意。
反面、物事に消極的な一面もあり、物事をあれこれ考えすぎてストレスを溜め込むタイプでもある。
そのせいか人付き合いは苦手で友人もあまり多くない。
隣に引っ越してきたばかりで勝手のわからない所を、
優一に優しく教えてもらいいけないと思いつつも好意を抱く。
美空学園時代はテニス部に所属しており、楚々とした外見に似合わず、
スポーツ万能で体力もそれなりにあったりする。
お嬢様育ちな所もあり、自宅の鍵をよくかけ忘れる等、無警戒かつ無防備な所が目立つ。

●高千穂若葉(たかちほ わかば)
CV:松永雪希

『あは、ありがと。他の誰よりも、優一にそう言って貰えるのが…あたしは一番、嬉しいかも……』

主人公のクラスメイト。
ボーイッシュな雰囲気を持った日本人の父とイギリス人の母親を持つハーフ。
その美しい金髪と抜群のスタイルは学園でも一際目立っているが、
本人はそういう部分で目立つことをあまり快く思っていない。
元気が良く活発な性格で学園でも男女問わずに人気があり、誰とでも気軽に話すことができるタイプだが、
入学当初はその容姿の件でクラスメイトから奇異の目で見られることに慣れることに出来ず、
クラス……というよりも学校に馴染めないでいた。
しかし、主人公との交流をきっかけにクラスに溶け込んでいくことになった。
学校中の男子から人気があり、ラブレターも毎日のように貰っているが、すべて断っている。
特に下心丸出しで露骨にいやらしい視線を向けてくる男子はやや苦手らしい。
運動神経は抜群で学園では陸上部に所属していて走り高飛びの選手として活躍している。
ただし勉強はかなり苦手らしく、補習授業の常連となってしまっている。
あまりそうは見えないが実は料理が得意で毎日の弁当は自分で作って持ってきていたりと、
意外と家庭的な一面を持っていたりする。
優一と柚子とは学園に入学して以来の友人関係を保っていて仲も非常に良い。
ハッキリと口にしたことはないが、優一に恋心を抱いていて、いつかその想いを伝えようと思っている。

あねいも2 ~Second Stage~

あねいも2 ~Second Stage~
サイト 価格
(税込)
ポイント
デジケット 4,959円 722pt
Gyutto 5,200円 481pt
DL.Getchu 5,200円 260pt
DLsite 5,200円 144pt
DMM 5,200円 52pt
配信開始日
(登録日)
2009年12月25日
評価 平均 4.581 点 ( 142/31 )
作品形式 アドベンチャー
ブランド bootUP!
ジャンル お姉さん巨乳巨乳/爆乳年上学校/学園恋愛学園学園もの幼馴染コスプレ水着巨乳・爆乳純愛姉・妹3P・4P姉妹ツンデレ幼なじみ先輩
シリーズ あねいも
原画 東雲一彦
シナリオ 長野ヒロユキ
声優 一色ヒカル海原エレナ木村あやか岬友美松永雪希佐本二厘Prof.紫龍
音楽 I've

段階を踏んでラブラブに、そしてエッチな関係になっていく様子を
しっかり描いた「LOVEエロ」が売りの「あねいも」シリーズ第二弾がダウンロード販売開始。
今回は二組の姉妹・計四人の中からひとりを選んで恋人関係になり、濃厚でラブラブなエッチを楽しもう!

一回目よりも二回目、二回目よりも三回目……、戸惑いながらも徐々に淫らになっていく彼女たち。
前作で好評だった要素はそのままにボリュームアップ!
もちろんエッチ後のラブラブアフタートークも全キャラに用意されているぞ!!
冬休みを誰とラブラブに過ごすか……、純愛系で実用性を求めるアナタにオススメの一本!!

◆◇◆ストーリー◆◇◆
小野寺拓己(主人公)の家の隣には幼なじみの霧島深月、皐月の姉妹が住んでいる。
三人は小さいころからずっと一緒だった。一緒に買い物に行ったり、スキーをしたり……。
そんな毎日がずっと続くかと思われた12月のある日、彼らの関係を揺るがすような事件が起こる。

拓己の父・和義が、新しい家族として白川沙織と唯の姉妹を家に招いたのだ。
突然姉と妹だと言われても事態の飲み込めない拓己、そんな小野寺家の面々を否定する沙織、
そしてお兄ちゃんが出来たと拓己に甘えてくる唯。
最初は戸惑った拓己だが、持ち前の明るさで何とか乗り切ると、心を閉ざしていた沙織も少しずつ打ち解けていくようになる。
この変化に、深月は不思議と焦りを感じ始め、拓己に対して積極的な行動に出る。
そんな姉の行動に、皐月も拓己を意識し始めるようになり……。

もうすぐやってくる冬休み。二組の姉妹と拓己の関係はどこへ向かうのだろうか?

◆◇◆キャラクター紹介◆◇◆
●霧島深月
隣に住んでいる年上の幼なじみで、大学の二年生。
明るく活発な性格で、拓己に対しては何かとお姉ちゃんぶって、あれこれ世話を焼いている。
運動神経は抜群だが、不器用で要領の悪いところがあり、家事等の細かい作業、ならびに恋愛ごとは苦手。あと意外とドジ。
世界的な企業である霧島重工の社長令嬢だが、本人はそのことを鼻にかけるようことはしない。
またそういう雰囲気を感じさせない気さくな人柄の持ち主。

「くすっ、ほら、もっと近くに来なさい。寒いでしょ?」

●霧島皐月
深月の妹。拓己とは幼なじみかつクラスメイトで、なんでも気軽に話せる親友のような関係をお互いに築いている。
人生適当をモットーに日々遊びまくる、お気楽少女。
好奇心旺盛かつ悪戯好きな性格で、よく姉の深月や拓己をからかって楽しんでいる……らしい。
霧島重工の社長令嬢だが、下品なシモネタを平気で口にしたり、人前であぐらをかいたりと、
おおよそ令嬢らしくない行動や言動が目立つ。
ただ、その破天荒な行動や言動は、一部の学生(生徒会関係者。特に風紀委員)からは快く思われていない。
ちなみにかなりのゲーマーで、駅前のゲーセンに集うゲーマーたちからは
「無敵ちゃん」or「コールドインビンシブル」などと呼ばれ、一目置かれている。

「へへ~、朝っぱらから両手に花とは……うひひ、もう拓ちゃんのス・ケ・ベ!」

●白川沙織
とある出来事をきっかけに、両親の知人であった小野寺の家に妹の唯と共にやってきた。
拓己より一歳年上で、学校では一学年上の先輩になる。
生真面目な性格で、自分の感情を表に出すのが苦手。
成績優秀、容姿端麗、プロポーション抜群と、一見すると非の打ち所のない完璧少女だが、
妹の唯に呆れられるほどの方向音痴など、意外とドジでお茶目な一面も見せる。
どこか他人を寄せ付けない雰囲気を持っているが、本当は他人を思いやることの出来る心優しい少女。
過去のとある出来事から拓己の父、和義やその息子である拓己のことを快く思っていない。
そのため、拓己に対しては辛く当たることも多い。
裁縫が得意で、東京にいた頃は母親や妹のためにセーターやぬいぐるみなど作ってプレゼントしていた。

「あなたのこと、弟だなんて絶対に思わないから。それだけは忘れないで」

●白川唯
沙織の妹。姉と共に拓己の家にやってきた。明るく素直な性格で、とても人懐っこい女の子。
拓己より二歳年下で、お兄さんと呼んで慕っている。
心臓に先天性の疾患を持っていて、常に姉である沙織に気遣われてきた。
しかし唯自身は、そのことを負い目に感じており、周囲に心配をかけまいと常に明るく振る舞っている。
趣味はぬいぐるみ集め(大半は姉と亡き母からのプレゼント)。しかし、やや度が過ぎているところがあり
部屋はぬいぐるみで溢れている。姉である沙織にこれ以上増やさないように念を押されているが、
今もこっそりと集めているらしい。

「あの、その……お兄さんって呼んでも……いいですか?」

あねいも2H’s~もっとHにステップUP!~

あねいも2H’s~もっとHにステップUP!~
サイト 価格
(税込)
ポイント
デジケット 4,006円 583pt
Gyutto 4,200円 388pt
DL.Getchu 4,200円 210pt
DLsite 4,200円 116pt
DMM 4,200円 42pt
配信開始日
(登録日)
2009年12月25日
評価 平均 4.188 点 ( 134/32 )
作品形式 アドベンチャー
ブランド bootUP!
ジャンル お姉さん巨乳巨乳/爆乳コメディ年上学校/学園恋愛学園学園ものメガネ幼馴染巨乳・爆乳純愛姉・妹3P・4P乱交和かん姉妹ツンデレハーレム幼なじみ輪かん腹ボテ
シリーズ あねいも
原画 東雲一彦
シナリオ 長野ヒロユキ
声優 一色ヒカル海原エレナ木村あやか岬友美松永雪希佐本二厘Prof.紫龍
音楽 I'veI've SoundElements Garden

異なる二つの姉妹との甘いピュアラブストーリーが楽しめる『あねいも2~Second Stage~』の
エッチ満載な後日談を綴ったファンディスクがダウンロード販売開始!
メインヒロインだった四人のアフターストーリー&ハーレム編の計五編を収録した本作の目玉は、
なんといっても「濃厚なエッチ」の数々!
ヒロインたちの魅力とエッチを最重要視し、これでもかというほどギュッと
詰め込んだ実用性バッチリのエロスシーンは、全編通じて全力投球!
そして要望が多かった“平沢和美”“賀曽利優子”両サブヒロインファン念願の
エッチイベントも、本編ヒロイン顔負けのボリュームで収録!
「エッチ!エッチ!超エッチ!」で贈る本編以上のエロさが自慢の本作は
『あねいも2』ファンは避けて通ってはならず、本編未プレイのユーザーも
ヒロインたちの魅力にノックアウトされること間違いなしの逸品だ!!

■□■ストーリー■□■
★深月アフター[おっぱい・The origin]
年上の幼馴染であり、姉のような存在であった“深月”。
彼女と付き合い始めて一ヶ月余りがたち、いつものように深月とエッチした拓巳は、その夜遠い昔の夢を見る。
それはまだ彼が幼く、今以上に深月に依存していた頃の夏の想い出だった——。

★皐月アフター[友達以上、恋人未満?]
無期限停止解除の条件として学生会を手伝うことになった拓巳と“皐月”。
毎日のように顔を出し、仕事を手伝ってくれる二人との時間は、今まで一人で学生会を
支えてきた“優子”にとっても、温かく楽しいものだった。
しかし三人で活動していく内に、優子は、皐月と拓巳が交際していることを知りつつも、
拓巳に想いを寄せていることに気付いてしまい——。

★沙織アフター[沙織さんと子作り♥]
紆余曲折の末、晴れて付き合うことになった拓巳と“沙織”は、
凍り付いていた時間を取り戻すかのように毎日激しく愛し合っていた。
子作り前提で避妊もせずエッチを繰り返した結果、春休み直前になって沙織の妊娠が発覚し——。

★唯アフター[幸せのために勇気を持って]
普通の女の子として拓巳に愛してもらうため、なにより拓巳と
ずっと一緒に暮らすために、心臓の手術を受ける“唯”。
そして彼女の気持ちを尊重し応援する拓巳。二人の想いが通じ
大成功に終わった手術の後、退院した唯とデートをする拓巳は——。

★ハーレム編アフター
皐月の悪だくみによって、両姉妹四人と関係を持ってしまった拓巳。
いけないと思いつつも、四人との関係を続けていたある日、父・和義から
南国のリゾート地へのチケットをプレゼントされ、拓巳と両姉妹、
そして“和美”を加えた六人は、南国リゾート「南ノ鳥島」へ向かう。
エメラルドグリーンの海、綺麗な砂浜に囲まれたリゾート地で、姉妹たちは拓巳に積極的なアプローチを開始!
さらに和美までもが拓巳を誘惑してきて——。

■□■キャラクター紹介■□■
▼霧島深月
身長:165cm B/W/H:88/58/85
お隣に住んでいる、年上だが気さくな幼馴染。
明るく活発、運動神経抜群、おまけに大企業の社長令嬢というお嬢様だが、
お姉ちゃんぶって拓巳にあれこれ世話を焼くのが好きらしい。
意外とドジで不器用な面、要領の悪い所があり、家事全般の細かい作業と、恋愛ごとが苦手。

「拓巳、朝よ。ほら、そろそろ起きないと遅刻しちゃうわよ」

▼霧島皐月
身長:158cm B/W/H:79/55/80
拓巳の幼馴染で、深月の妹。
クラスメイトでもあり、拓巳とは何でも気軽に話せる親友のような関係。
「人生適当」をモットーにするお気楽少女で、イタズラ好きなことから、
よく深月や拓巳をからかっては楽しんでいる……らしい。
彼女もまた社長令嬢ではあるが、お嬢様らしくない言動が板についている。

「ラーブリーな皐月ちゃんの生パンツでーす。んふふっ、今日は特別に、
マンチラサービスもつけてあげるね。ほれほれ、チラっとな♪」

▼白川沙織
身長:160cm B/W/H:90/56/87
妹・唯と、小野寺家にやってきた一つ年上の先輩。
成績優秀、容姿端麗、プロポーション抜群と、一見非の打ち所のない完璧少女だが、
自分の感情を表に出すことが苦手なこと、極度の方向音痴、意外とドジな一面があるなど、見た目よりもお茶目な少女。
過去の出来事から小野寺の男を快く思っていなかったが、家族の温もりと拓巳の優しさに徐々に心を開き、打ち解けていく。

「はい、拓巳さん。今日のお弁当よ」

▼白川唯
身長:153cm B/W/H:84/60/84
姉・沙織と一緒に小野寺家へやってきた、明るく素直な少女。
人懐っこいタイプで、二つ年上の拓巳を「お兄さん」と呼んで慕っている。
心臓に先天性の疾患を持っていて、沙織に気を遣われているが、本人は、それに追い目を感じているらしく、
彼女が明るく振る舞っているのは、周囲に心配をかけたくないとの思いもあるから。

「えへへっ……大丈夫ですよ、お兄さん。絶対にうまくいきますから」

▼平沢和美
身長:172cm B/W/H:93/61/89
深月の親友で、大手土建業「平沢組」の社長令嬢。
奔放かつ豪快、姉御肌で面倒見みの良い女性で周囲からの信頼も厚いが、
強引に物事を進める面もあり、それが元で失敗することも少なくない。
姉妹四人と関係を持ち、ハーレムを築いている拓巳に興味津々で、こっそり彼(の主に下半身)に狙いを付けているとか。

「なぁ、少年。私と今夜限りの夢を見てみないか?」

▼賀曽利優子
身長:165cm B/W/H:81/W61/87
コンピュータのように効率的かつ緻密な頭脳を持つ、学生会副会長。
学生会の仕事をほとんど一人でこなし、またクールな雰囲気と
容赦ない厳格な対応から「カミソリ優子」と呼ばれ、学生たちから恐れられている。
皐月と拓巳の恋のキューピット役として、二人の背中を後押しし、
以後、友人として二人と付き合ってきたが、最近、いけないと思いつつも拓巳に想いを寄せるようになり……。

「あなたは十分すぎるくらい、私の力になってくれたわ……。これ以上、よくされたら、私……」

あねいも2・いもいもファンディスク ~皐月&唯のLOVEエロプチ旅行編~

あねいも2・いもいもファンディスク ~皐月&唯のLOVEエロプチ旅行編~
サイト 価格
(税込)
ポイント
デジケット 1,907円 277pt
Gyutto 2,000円 185pt
DL.Getchu 2,000円 100pt
DLsite 2,000円 55pt
DMM 2,000円 20pt
配信開始日
(登録日)
2009年12月25日
評価 平均 4.273 点 ( 141/33 )
作品形式 アドベンチャー
ブランド bootUP!
ジャンル お姉さん巨乳巨乳/爆乳コメディ恋愛学園幼馴染コスプレ巨乳・爆乳純愛姉・妹3P・4P足コキ乱交和かん姉妹孕ませ幼なじみ腹ボテ同級生
シリーズ あねいも
原画 東雲一彦
シナリオ 長野ヒロユキ
声優 松永雪希草柳順子
音楽 I'veElements GardenI’vI’v / Elements Garden

二組の姉妹と繰り広げるラブ&エッチで人気の『あねいも2~Second Stage~』と
そのファンディスク『あねいも2H's』から、可愛い妹だけをピックアップし、
彼女たちの魅力をギュッと詰め込んだ妹的ファンディスクがダウンロード販売開始!

今回は「皐月&唯」オンリーの完全新作。
前作のハーレムルートからの続きということもあり、最初からエロ・エロ・エロ!そしてLOVE・LOVE・LOVEのオンパレード!
ちょっと責め気味の皐月と、あくまで受け気味の唯ちゃんとの怒濤の中出しエッチ!
さらに『2H's』を上回る皐月&唯ちゃんと3Pシーン、シリーズの特徴である妊婦エッチや、
ねちっこい膣内&子宮描写などなど……、ファンディスクならではのスペシャルなエッチが満載!
ファンなら確実ゲットな代物だぞ!!

■□■ストーリー■□■
時は『あねいも2H's』ハーレム編後、旅行から帰ってきてからのお話——。

“皐月”のハーレム計画が発動してから初めての夏休み。
“深月”は大学三年に、そして“沙織”は深月と同じ大学へ進学。
“皐月”は進級し、“唯”は拓己、皐月のいる学園に新入生としてやってきた。
相変わらずハーレム状態のまま、毎日のようにズッコンバッコンやっていたある日、皐月が
「みぃ姉や沙織さんばかりしてないで、たまにはあたしたちも構ってよ、唯ちゃんが寂しがってるよ」
と、切り出してきた。

現実問題、深月や沙織と比べ、友達感覚の強い皐月、そして妹感覚の強い唯とは身体を重ねる回数が少ない。
そこで拓己は、皐月の提案を受け、皐月・唯・拓己の3人だけで、地元の旅館「幡路館」にプチ旅行に出かけることにした。
拓己を独占出来ることと、ゆったりとした時間に喜ぶ皐月と唯。
そんな状況に拓己もまんざらではなくなり——。

皐月&唯との、楽しく、とってもLOVEでエッチな二泊三日が始まった。

■□■登場キャラクター■□■
◆霧島皐月
身長:158cm B/W/H:79/55/80
深月の妹。
拓己とは幼馴染かつクラスメイトで、なんでも気軽に話せる親友のような関係。
「人生適当」をモットーに日々遊びまくる、お気楽少女。
好奇心旺盛かつ悪戯好きな性格で、よく姉の深月や拓己をからかって楽しんでいる。
霧島重工の社長令嬢だが、下品なシモネタを平気で口にしたり、人前で
あぐらをかいたりと、おおよそ令嬢らしくない行動や言動が目立つ。
ただ、その破天荒な行動や言動は、一部の学生(生徒会関係者…特に風紀委員)からは快く思われていない。

◆白川唯
身長:154cm B/W/H:85/60/86
沙織の妹。
姉と共に拓己の家にやってきた。明るく素直な性格で、とても人懐っこい女の子。
拓己より2歳年下で、お兄さんと呼んで慕っている。
今作品では時間の進行と共に拓己と同じ学園に入学し、先輩&後輩の関係に(しかし、あくまで拓己は「お兄さん」)。
ハーレム計画実行後は、正妻を主張する深月に遠慮しつつも、拓己を兄として男性として慕い続けている。
普段は遠慮がちで消極的だが、拓己に身体を求められると一転してとっても積極的。
心臓に先天性の疾患を持っていて、常に姉である沙織に気遣われてきた。
しかし唯自身は、そのことを負い目に感じており、周囲に心配をかけまいと常に明るく振る舞っている。

あねいも2 DLセット

あねいも2 DLセット
サイト 価格
(税込)
ポイント
デジケット 9,060円 1,319pt
Gyutto 9,500円 879pt
DL.Getchu 9,500円 475pt
DLsite 9,500円 263pt
DMM 9,500円 95pt

本商品は「あねいも2~Second Stage~」(VJ004517)、「あねいも2H's」(VJ004518)、「あねいも2・いもいもFD~皐月&唯のLOVEエロプチ旅行編~」(VJ004519)を同時収録したパック商品です。

二組の姉妹と繰り広げるラブ&エッチで人気の『あねいも2 ~Second Stage~』と、
ファンディスク『あねいも2H's』『あねいも2・いもいもFD~皐月&唯のLOVEエロプチ旅行編~』の
三本がお得なセットになって販売開始!
本編は、段階を踏んでラブラブに、そしてエッチな関係になっていく様子がしっかりと描かれ、
エッチの回数を重ねる毎に彼女になったヒロインが淫らに変貌するなど、
純愛系ながらも非常に実用性の高い作品として人気を博した名作。

ファンディスク第一弾『~H's』は本編に登場するメインヒロイン四人の
エッチ満載のアフターストーリー&ハーレム編計五編を収録。

ファンディスク第二弾『~いもいもFD』は、『~H's』ハーレム編後を描いた、
皐月&唯をピックアップしたアフターストーリーで、こちらも究極的にエロい内容になっている。

とにもかくにもエロさ爆発の『あねいも2』シリーズ全三作品を一挙にゲットできるチャンス! 是非ともこの機会に!!

◆◇◆ストーリー◆◇◆
小野寺拓己(主人公)の家の隣には幼なじみの霧島深月、皐月の姉妹が住んでいる。
三人は小さいころからずっと一緒だった。一緒に買い物に行ったり、スキーをしたり……。
そんな毎日がずっと続くかと思われた12月のある日、彼らの関係を揺るがすような事件が起こる。
拓己の父・和義が、新しい家族として白川沙織と唯の姉妹を家に招いたのだ。
突然姉と妹だと言われても事態の飲み込めない拓己、そんな小野寺家の面々を否定する沙織、
そしてお兄ちゃんが出来たと拓己に甘えてくる唯。
最初は戸惑った拓己だが、持ち前の明るさで何とか乗り切ると、心を閉ざしていた沙織も少しずつ打ち解けていくようになる。

この変化に、深月は不思議と焦りを感じ始め、拓己に対して積極的な行動に出る。
そんな姉の行動に、皐月も拓己を意識し始めるようになり……。

もうすぐやってくる冬休み。二組の姉妹と拓己の関係はどこへ向かうのだろうか?
———『あねいも2 ~Second Stage~』より

◆◇◆キャラクター紹介◆◇◆
●霧島深月
隣に住んでいる年上の幼なじみで、大学の二年生。
明るく活発な性格で、拓己に対しては何かとお姉ちゃんぶって、あれこれ世話を焼いている。
運動神経は抜群だが、不器用で要領の悪いところがあり、家事等の細かい作業、ならびに恋愛ごとは苦手。あと意外とドジ。
世界的な企業である霧島重工の社長令嬢だが、本人はそのことを鼻にかけるようことはしない。
またそういう雰囲気を感じさせない気さくな人柄の持ち主。
※『あねいも2 ~Second Stage~』時のプロフィールです。

●霧島皐月
深月の妹。拓己とは幼なじみかつクラスメイトで、なんでも気軽に話せる親友のような関係をお互いに築いている。
人生適当をモットーに日々遊びまくる、お気楽少女。
好奇心旺盛かつ悪戯好きな性格で、よく姉の深月や拓己をからかって楽しんでいる……らしい。
霧島重工の社長令嬢だが、下品なシモネタを平気で口にしたり、人前であぐらをかいたりと、
おおよそ令嬢らしくない行動や言動が目立つ。
ただ、その破天荒な行動や言動は、一部の学生(生徒会関係者。特に風紀委員)からは快く思われていない。
ちなみにかなりのゲーマーで、駅前のゲーセンに集うゲーマーたちからは
「無敵ちゃん」or「コールドインビンシブル」などと呼ばれ、一目置かれている。
※『あねいも2 ~Second Stage~』時のプロフィールです。

●白川沙織
とある出来事をきっかけに、両親の知人であった小野寺の家に妹の唯と共にやってきた。
拓己より一歳年上で、学校では一学年上の先輩になる。
生真面目な性格で、自分の感情を表に出すのが苦手。
成績優秀、容姿端麗、プロポーション抜群と、一見すると非の打ち所のない完璧少女だが、
妹の唯に呆れられるほどの方向音痴など、意外とドジでお茶目な一面も見せる。
どこか他人を寄せ付けない雰囲気を持っているが、本当は他人を思いやることの出来る心優しい少女。
過去のとある出来事から拓己の父、和義やその息子である拓己のことを快く思っていない。
そのため、拓己に対しては辛く当たることも多い。
裁縫が得意で、東京にいた頃は母親や妹のためにセーターやぬいぐるみなど作ってプレゼントしていた。
※『あねいも2 ~Second Stage~』時のプロフィールです。

●白川唯
沙織の妹。姉と共に拓己の家にやってきた。明るく素直な性格で、とても人懐っこい女の子。
拓己より二歳年下で、お兄さんと呼んで慕っている。
心臓に先天性の疾患を持っていて、常に姉である沙織に気遣われてきた。
しかし唯自身は、そのことを負い目に感じており、周囲に心配をかけまいと常に明るく振る舞っている。
趣味はぬいぐるみ集め(大半は姉と亡き母からのプレゼント)。しかし、やや度が過ぎているところがあり
部屋はぬいぐるみで溢れている。姉である沙織にこれ以上増やさないように念を押されているが、
今もこっそりと集めているらしい。
※『あねいも2 ~Second Stage~』時のプロフィールです。

●平沢和美
深月の親友で、大手土建業「平沢組」の社長令嬢。
奔放かつ豪快、姉御肌で面倒見みの良い女性で周囲からの信頼も厚いが、
強引に物事を進める面もあり、それが元で失敗することも少なくない。
姉妹四人と関係を持ち、ハーレムを築いている拓巳に興味津々で、こっそり彼(の主に下半身)に狙いを付けているとか。
※『あねいも2H's』時のプロフィールです。

●賀曽利優子
コンピュータのように効率的かつ緻密な頭脳を持つ、学生会副会長。
学生会の仕事をほとんど一人でこなし、またクールな雰囲気と
容赦ない厳格な対応から「カミソリ優子」と呼ばれ、学生たちから恐れられている。
皐月と拓巳の恋のキューピット役として、二人の背中を後押しし、以後、友人として二人と
付き合ってきたが、最近、いけないと思いつつも拓巳に想いを寄せるようになり……。
※『あねいも2H's』時のプロフィールです。

並べ替え
表示形式 詳細 簡易
表示件数 20 50 100
購入可のみ ON OFF
デモ・体験版有りのみ ON OFF
サンプル有りのみ ON OFF